個人投資家の錯覚

2017/09/17


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

投資では、レバレッジをかけることにより、損益の振幅が大きくなる。資金管理について理解していない個人投資家は、常に大きなリスクを負っている傾向にあり、その分利益も損失も大きくなる。投資を続けていれば、相場環境が良く、日に日に含み利益が拡大し、大きい利益確定が続くこともある。

 

それまで会社員として、毎月数十万円の給与を得ていた人が、一日単位で数十万円の利益を上げると、錯覚し始める。会社で働くよりも、株で利益を上げる方が、よっぽど早く大きく稼げるという錯覚だ。

 

これを錯覚というのには、2つの理由がある。1つは、前にも書いたように、この投資家は適正な資金管理を逸脱しており、リスクを取り過ぎている。成功している時には、大きい利益に有頂天になるが、一旦、損失を抱えると、損失も大きくなり奈落の底へ落とされる。もう1つは、それまで上げてきた利益は、この投資家の実力で上げた利益ではなく、相場環境による偶然の産物だ。数ヵ月くらい利益を上げ続けたからといって、その後、ずっと利益を上げられる訳ではないのだ。

 

こうして、今日も多くの個人投資家が錯覚の中にいる。このほとんどは、ここから抜け出すことができず、資金を失い市場から去っていく。この錯覚から目を覚まし、抜け出すためには、資金管理を学び、売買サイズとリスクを小さくし、自分の資金に見合った利益と損失に変えなければならない。投資をすれば、早く大きく儲かるわけではないことに気づき、着実にゆっくり利益を上げていこう。

 

この錯覚から抜け出すために、正しい株式投資を学びたい人は、こちらのページから無料レポート「なぜ投資家は失敗するのか?株式投資編」を無料で手に入れてください。

なぜ株表紙

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up