誰もが儲かる地合いはありません。早くあなたが儲ける地合いを知ってください。

2017/09/16


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

5-2 投資スタンスに合った地合いを見極める

 

前節で紹介した地合いは、マクロ経済化における長く大きい株価の動きと言えます。しかし、株価の上下動には、その期間や値幅にかかわらず、同じ心理が働いています。つまり、投資家の期待による買い=上昇と、投資家の失望や満足による売り=下落です。この上昇と下落の動きが無数に繰り返されて、株価の上下道を常に形作っています。チャートを見れば、その動きは一目瞭然であり、短い1 分足から長い月足まで、さまざまな規模での上下動を確認できます。

 

株式市場に参加する投資家は、それらの無数に存在する上下動の中で、効果的に上昇局面で株式を購入し、買い値よりも高い値位置で決済し、利益を上げることを目標としています。株式の投資家は、その時々の地合いがどういうものであるかを理解し、自分がどのような地合いを利用して利益を上げるかを知る必要があるのです。1分足には1 分足の地合いがあり、月足には月足の地合いが存在します。短期から長期まで、さまざまな地合いが存在する中で、株式投資で利益を上げていくためには、自分が乗ろうとする地合い=自分の投資スタンスに合った地合いを見極める必要があるのです。

 

株式投資家は、「地合いを知りたい」と言います。しかし、地合いとは、一言で「良い」or「悪い」、あるいは「上」or「下」と言い表せるものではなく、過去のあるA という時点から見れば地合いは良いが、直近のB の時点からは悪いというように、視点が変わると、地合いそのものは変わるのです。これを考えると、株式投資家は、「地合いが知りたい」と言うのではなく、「自分のスタンスでの地合いを知りたい」と考えるべきなのです。これこそが、勝てる投資家と勝てない投資家の地合いの差なのです。

 

上記コラムは、全7章からなる無料レポート「なぜ投資家は失敗するのか? 株式投資編」からの抜粋です。全編を読んで、失敗の理由を克服したい人は、こちらのページから無料で手に入れてください

なぜ株表紙

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up