株式投資を頭の中で組み立てても勝てません。勝つためには、コレを始めてください。

2016/12/08


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

個人投資家は、株式投資に臨む際に、その全てを頭の中で組み立てている。上がるだろうか、下がるだろうか。買いだろうか、売りだろうと、頭で悩んでいる。そして、いつまで経っても勝てない。実は勝てない理由は、この「頭の中で考える」というクセにある。勝つ投資家は、頭で考えずにコレを行っている。

 

【コラム】「言葉に変えて、実体と力を持たせる」

投資家は、いつも頭の中で売買について思案し、行動に移す。それゆえ、その行動は、いつも同じものになることはなく、売買の度に違うアイディアで行動する。アイディアがいつも違えば、結果である損益も自ずと違ったものになる。それは安定しているだろうか、不安定だろうか。結果がいつも違うということは、不安定である。

 

投資家は、安定した結果を望む。ならば、いつも頭の中で売買を組み立てるのではなく、売買の基準や根拠を、言葉に変えて、書き留めてから売買を行うと良い。そこに売買の理由が書いていれば、その理由を満たしていなければ売買を行うことはできない。つまり、売買に対して一層厳格になり、理由がいつも統一され、自ずと結果は似たものになる。

 

仮に、ある理由を言葉に変えて、その理由に従い売買を繰り返した際に、結果が思うものにならなければ、目の前にある売買の理由が力を持っていないことを意味する。それならば、結果が期待通りになるまで、その売買の理由ある言葉を変えていく。いつしか、その売買の理由である言葉は、利益を上げるようになる。つまり、言葉が力を帯びる。

 

損をしている投資家が、いつも頭の中で売買を組み立てていれば、何かがオカシイことに気づかなければならない。いつ、その損失が利益に変わるのか、具体的な道筋について考えなければならない。頭で組み立てる売買は、曖昧で力を持たない。言葉に変えて、実体と力を持たせていこう。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up