利食いがいつも小さくなり、損切りが壊滅的に大きくなるのは、人間の本能が原因です。知っていましたか?

2016/10/29


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

負けている投資家は、いつも利食いが小さくなり、損切りが壊滅的に大きくなります。これは、下手だとか、相場観がないのではありません、人間の本能が原因であり、だから何十年、何百年経っても8割の人が負けていくのです。まずはその本能を知り、抑えなければ勝てないのです。

 

【コラム】「痛み」

人は本能において、「痛みを避け、快楽を得る」ための行動を選ぶ。投資家が、損失を避けるために先送りし、利益を得たいがために早々に決済し確定するのは、この本能が端的に現れた結果だ。

 

しかし、この反応や選択は、あくまでも短期的、反射的なものであり、長期的に考えた場合には、投資家に、より大きく切実な痛みを将来に招く。先送りされた損失は、何ら解決されておらず、目を背けただけであり、依然として、そこに存在し続けているからだ。そして、その損失は、市場の中に現れるトレンドという巨大な力に誘われ、無視され続けた巨大な爆弾になる。いつかこの巨大な爆弾が爆発の時を迎えれば、この投資家は痛みではなく死を招き、市場からの撤退を余儀なくされる。最初の時点で痛みを避けたと思って選ばれた行動は、単に痛みから目を背けただけに過ぎなかったのだ。

 

私たちの体に起こる痛みに目を向けてみよう。痛みは、「この場所で、異常事態が起こっている、問題が生じている。この場所で起きている異常事態や問題を解決することが必要だ!」というメッセージを送っている。時には、保護し、休息し、治療が必要である。少なくとも、目を背け、無視すべきではない。それは、異常を知らせるメッセージであり、放置すれば死に至るという、至極シンプルなメッセージなのだ。このことは、自分の体のことを思い出せば、誰でも理解できる。

 

今一度、投資の日常に戻ってみよう。投資家は、痛み=損失を無視し、放置し、目を背ける。損失を避けたいとは思うが、解決しよう、対処しようとは思わない。それで、快適に生き延びていくことができるのだろうか。

 

投資家が市場で生き延びて、快適な毎日を過ごすためには、痛みというメッセージから目を背けてはいけない。痛みの起こった時、場所こそ、そこをしっかり見つめ、対処し、治癒させていく必要がある。痛みを癒し、完治した時、その場所や経験はさらなる力強さを手に入れるものだ。痛みが生じた時には、避けるのではなく、目を背けるのではなく、しっかり見つめ、対処しよう。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。