売買の理由が曖昧だから儲かりません。新聞やネットの記事を読んで買って儲かっていますか?よく振り返ってみてください。

2016/10/01


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

株式投資家は、意外にいい加減な理由で株を買う。「上がりそうだから買う」というのは、その典型だ。「上がりそう」というのは単なる感情でしかなく、そこに確実に利益になるという理由はない。そして今日もお金を失う。早くそのことに気づいて、自分が株を買う理由を明確にして、儲かるものに変えて欲しい。そうでなければ、あなたの投資資金は減り続け、増えることはない。

 

【コラム】「判断基準と根拠」

投資家はいつも何となく売買している。上がると思うから買う、下がると思うから売るといった具合だ。これは、感情や感覚による売買であり、この売買で利益を上げようとすれば、感情や感覚を磨くしかない。しかし、これは不可能だ。この売買を続けても利益が上がらないことは、過去の歴史が証明している。私たちの本能的な反応が影響し、利益に結び付くことがないのだ。

 

感情や感覚による売買が利益に結びつかない以上、投資家は何らかの判断基準や根拠を持って売買を行う必要がある。つまり、○○が成立すれば買う、××が成立すれば売るといった具合だ。この判断基準を称して、「ルール」と呼ぶ。判断基準を採用する際にも、根拠が必要だ。なぜその判断基準を採用することで利益が上がるのかという根拠が。投資とは、利益が上がると思われる判断基準の仮説を立て、検証し、確かめて、実践する行為だ。仮説を立て、検証し、ある程度の見通しが立ってから、行動を開始するのだ。この過程を踏めば、資金が壊滅的に減ることなどない。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。