投資に熱くなりすぎてしまうと、不都合な事実は目に入らなくなってしまいます。

2016/07/27


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

株式投資は、お金が急激に増えたり、減ったりしますので、強く感情を揺さぶります。初心者はすぐにこの罠にはまってしまい、熱くなり冷静な判断ができなくなります。その最たる証拠は、お金が減っている現実の中で、同じ売買を続けてしまうことなのです。その状態を一刻も早く止めて、是正しなければなりません。

 

【コラム】「事実に目を向ける」

多くの個人投資家は、不思議な行動を繰り返す。自分の資金が減っている中で投資を続けるのも、その不思議な行動の1つだ。なぜ、自分の資金が減っているのに、同じ行動を続けるのだろうか。次の売買から、突然利益が上がり始める保証があるのだろうか。投資においては、このようなことは考えられることなく、不思議な売買が続いていく。いわゆる、熱くなった、理性を欠いた状態だ。

 

もし損失が続いているのであれば、一旦売買を止めなければならない。同じ売買を続ければ、資金が減り続けるからだ。売買を行っていくためには、その投資家自身の中に、何らかの利益への確証や具体的な期待がなければならない。しかし、多くの個人投資家は、そのような確証や具体的な期待ではなく、曖昧でおぼろげな願望しか持っていない。そして、今日も資金が減る売買を繰り返す。

 

事実に目を向けてみよう。あなたの資金は昨日に比べて、増えただろうか、減っただろうか。先月に比べてどうだろうか、昨年と比べてどうだろうか。事実にしっかり目を向けた上で、これからの行動を選択しよう。

 

資金が減っていたら、何かを変えないといけないかもしれない。資金が増えていれば、同じ行動を続けて行くことが可能だ。事実に目を向け、あなたの行動を決めるのだ。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up