株式投資は、シンプルです。上がるものを買い、下がるものを売ります。

2016/07/06


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

個人投資家は、必要以上に株式投資を複雑なものにしてしまいます。元来ここでは、上がっているものを買い、下がっているものを売れば良いのです。しかし、一般の投資家の行動は、下がり続けている株を売ることはできず、ただひたすら買いポジションの損失が拡大するのを耐えています。もっと、株式投資をシンプルにしてみましょう。

 

【コラム】「シンプルな行動」

投資とはシンプルな行動の連続である。それは、上昇相場を買い、下落相場を売るものだ。上昇相場とは、時間の経過とともに価値が上がって行く相場である。その相場を買えば、資産が増えていくからこそ、買いなのだ。下落相場とは、時間の経過とともに価値が下がっていく相場である。その相場を売ってしまえば、資産が減ることはない、あるいは増える。だからこそ下落相場は売りなのだ。投資とは、元来シンプルなのだ。

 

しかし、投資家はこのようにシンプルに捉えることができず、複雑に相場を捉え、行動している。明日は、上がるだろうか、下がるだろうかと無理に予想しようとする。相場は、予想するものではない、確認するものだ。見えないものを予想する精度と、見えているものを確認する精度、どちらの精度を高めることが確実だろうか。見えないものを予想するのではなく、見えているものを確認しよう。

 

相場とは、上昇しているものを買い、下落しているものを売る、それだけなのだ。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up