株を買って儲かるのは、アップトレンドの時です。チャートにトレンドを見つけられるようになれば、儲かります。

2016/06/18


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

チャートは、見たそのままに投資家の心理が表されています。投資家心理が、極端に強気か、弱気に傾いた時、市場にはトレンドが形成されます。チャートの中に、投資家の心の偏りを見つけ出せるようになってください。そうすれば、、もう少し肩から力が抜け、やがて勝てるようになるでしょう。

 

【コラム】「心の偏り」

市場には、投資家の心の偏りがある。それは、「強気」と「弱気」の偏りだ。投資家は強気になれば、積極的に買う、つまり価格が上がる。逆に、投資家が弱気になれば、積極的に売る、つまり価格が下がる。

 

集団の投資家の心に、強気と弱気の偏りが現れた時、価格はある傾向を見せる。弱気より強気に偏っていれば、価格の下落は限定され、いずれ上昇を始める。つまり、強気に偏っている時は、上昇の時間が長く、下落の時間が短い。同じ意味で、上昇する値幅が、下落する値幅より大きくなる。これが強気のトレンドつまりアップトレンドだ。逆に、弱気のトレンド、ダウントレンドとは、上昇する時間より下落する時間が長く、上昇する値幅より下落する値幅が大きい。市場のトレンドは、そこに参加している投資家の心の偏りによって作られる。

 

トレンドとは心の偏りだ。そして、偏っている以上、どちらかが有利なのだ。強気のトレンド、アップトレンドにおいては上昇が有利で買いが有利だ。弱気のトレンド、ダウントレンドにおいては下落が有利で売りが有利だ。これがトレンドの性質であり、投資においてトレンドを利用する理由だ。心の偏りがトレンドを形成する時、そこにチャンスはある。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up