銘柄を選ぶことばかりに心を奪われず、コレを選べるようになってください。楽になります。

2017/09/23


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

株式投資を行う個人投資家は、「上がる銘柄」を探すことに心を奪われます。だから、銘柄を選んでくれる情報に飛びつきます。しかし、銘柄よりももっと大切なものがあります。それは、買うタイミング=時期です。このタイミングを計るための尺度が、今日のコラムのテーマである「地合い=環境」です。地合い=環境を見極められるようになれば、どんな、銘柄でも利益を上げられるようになります。これは、肩から力が抜ける、「楽な投資」です。

 

5-3 地合いが良い時に買い、地合いが悪い時には買わない

自分の投資スタンスに合わせた地合いを認識できるようになれば、ここから先に行うことは単純になります。地合いが良いときに買い(新規買いエントリーや買い保有の維持)、地合いが悪いときには買わない(買っていた株の決済や新しい買いを手控える)ということを繰り返していきます。

 

行動は単純なのですが、その行動を導き出す根拠が間違っていれば、行動は間違ったものになってしまうのです。株式投資の現場で、過去から現在において多くの個人投資家が苦労し、勝てず、損失を拡大していくのは、ここに原因があるのです。あなたの投資スタンスを決めてください。それが決まって初めて、それに合わせた地合いを認識でき始め、技術や手法を磨けるようになるのです。

 

株式投資家は、株式投資で成功するために、「上がる銘柄の見極め=銘柄選択」が最も大切だと思い、この情報や手法を手に入れようと躍起になっています。しかし、数千銘柄以上の購入対象銘柄の中から、将来的に暴上げしていくような銘柄を予測しようとすることには限界があることが理解できると思います。それよりもむしろ、今、自分にとって、特定の銘柄の地合いが良いか、悪いかを見極めることの方がはるかに簡単で単純です。「上がる銘柄を探す」という意識から、「良い地合いを見極める」という意識に、少しだけ比重を移してください。そうすれば、肩の力が抜け、株式投資に余裕が生まれ、あなたのパフォーマンスが向上することでしょう。

 

上記コラムは、全7章からなる無料レポート「なぜ投資家は失敗するのか? 株式投資編」からの抜粋です。全編を読んで、失敗の理由を克服したい人は、こちらのページから無料で手に入れてください。

なぜ株表紙

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up