株価が変動する理由を知っていますか?これを知らなければ、あなたの買いに意味はありません。

2017/04/09


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

なぜ株価が変動するのか、その理由を知らなければ、あなたの買いそのものに意味がないことになります。個人投資家の多くは、株価がなぜ動くかを知らないものです。それでは儲かりません。

 

4-2 値動きの理由を学ぶ

株式市場における値動きは、単純に見れば、「上昇」と「下落」の2 つに分かれます。この2 つの値動きは、どのような理由で形成されるのでしょうか。市場において価格の上昇は、供給に対して需要が多い場合に形成されます。逆に価格の下落は、需要に対して供給が多い場合に形成されます。これが、値動きの根本的な理由です。

 

しかし、実はこの先に、値動きを複雑にするもう1 つの理由があるのです。それは、投資家が、「なぜその株を欲しいと思うのか」という理由です。この理由はいろいろと考えられ、取引を行う人によって違います。1 株当たりの利益が増えると予想して株を欲しいという人もいれば、単純に割安だと判断し、株を欲しいと思う人もいます。将来的な会社の成長に期待したり、テクニカル的な理由から株を欲しいという人もいます。

つまり、値動きには2 段階の理由があります。

 

① 需要と供給のバランス

② 需要と供給に影響を及ばすさまざまな要因

 

多くの投資家は、この2 段階の要因を1 つのものとして混同して捉えているので、混乱が生じてしまうのです。値動きの理由は、シンプルに理解しなければなりません。それは、

 

① 株を欲しいと思うのか、要らないと思うのか

② 欲しいと思う理由、要らないと思う理由は何か

 

です。

ある銘柄の株を欲しいと思う人が多ければ、その銘柄の株価は上がります。その株を要らないと思う人が多ければ、価格は下がります。そしてそれぞれの理由は、無数に存在します。その理由が無数に存在する以上、すべてを知り、分析しようとするには無理があります。だからこそ、投資家は自分が判断するに足る材料を選ぶ必要があります。

 

すべての理由を知り、判断を下すことは不可能です。自分が利益を上げるために十分な理由を選択していきましょう。その意味において、チャートは有効です。なぜなら、そこには値動きの事実が表されているからです。ある期間に株価が上昇していれば、その現象は、その期間において、その株を欲しいと思った人が多いことを意味します。逆に下落していれば、その株を要らないと思った人が多いことを意味します。その事実のパターンや性質、特徴を知っていくことがテクニカル分析です。過去の事実を確率統計的に分析し、何らかの有利なポイントを見出すことができれば、売買の判断に十分な材料を手にすることができます。値動きの理由を知り、その利用方法を考えていきましょう。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up