銘柄情報を集めても損をしている人は、こんな可能性があります。

2016/04/28


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

いつもネットや新聞で、投資銘柄を探すための情報を必死になってチェックいるけれど、結局損をしているという投資家は、こんなことになっている可能性があります。これでは、どこまでいっても勝てずに、損が続いてしまいます。早く気付いて、改めましょう。

 

個人投資家にとっての売買には、いつも入口しかない。つまり、いつ、何を買うか(売るか)?ということばかりを考えている。買った後で、どのように決済するのかなど考えてもいない。つまり、入口しかなく出口がない。

 

ある建物の部屋を想像してみよう。入口から入ってはみたものの、中に入った後で、出口がないことに気付いたとしよう。あなたはどうなるだろうか?部屋の中で迷い、途方に暮れる。

 

個人投資家の売買は、不幸なことに入口しか存在しない部屋と同じだ。部屋に入る前に、自分が辿り着きたい出口、辿り着く可能性のある出口を思い描いておかなければ、出口に向かうことは不可能だ。

 

投資において、入口は1つだが、出口は2つだ。2つの出口、それは「利益の出口」と「損失の出口」だ。あなたは、確実にどちらかの出口から出て行かなければならない。ならば、入口から入る前に、あらかじめ自分の利益の出口と損失の出口を決めておくのだ。そうしなければ、あなたは迷い、途方にくれるのだ。出口の存在しない売買は、金輪際、止めにしよう。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up