投資探求第10回 バランス感覚

2016/04/16


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

投資において、多くの投資家はバランス感覚に欠けている。何かの銘柄を買っている際には、「上がるだろう」、「上がって欲しい」、このことだけを考え続け、下がる時のことを考えていない。つまり、価格の上昇にだけ心が傾いており、価格の下落という可能性を考えておらず、バランス感覚は皆無だ。この状態で、価格の下落が始まれば、この投資家は成す術もなくなる。いわゆる「フリーズ」という状態に陥り、損失は拡大し、資金が失われる。

 

投資においては、常にバランス感覚が必要だ。「上がるだろう」という想定のもとに買いに入ったとしても、下がった時のために準備を行っておくのだ。それは心の準備であり、行動の準備であり、資金管理の準備だ。このバランス感覚を持ち、事前に準備ができていれば、思惑と反対方向の値動きが起こったとしても、うろたえることなく冷静に対処し、次の投資に臨むことができる。

 

残念ながら多くの投資家は、バランス感覚を持っていない。いつも、極端な方向に偏っており、反対方向に振られた際に、投資が終わる。市場における価格の動きには、リスクがある。リスクとは、不確実性であり、上下どちらに動くのか、不確実なのだ。もともと上下どちらに動くか分からない不確実な世界の中で、バランス感覚を持っていなければ、生き残っていくことなど不可能だ。投資の世界で生き残り、利益を上げて行くために、バランス感覚を磨くのだ。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up