今日株を買いますか?

2016/04/13


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

昨日の国内株式市場は久しぶりの上昇。225採用銘柄の170銘柄近くが上昇していました。本日は今の時点で、190銘柄以上が上昇していますので、これまた久しぶりに、ほぼ全面高が2日続いています。あなたは、どうしますか。株を買いますか?「う~ん、これから上がるのかな。でも国内消費は弱いし、円高で企業収益も圧迫されそうだし、やっぱり上がらないかな・・・。」悩みますね。「松下さんは、どう思いますか?」なんて、質問も聞こえてきそうです。2日連続の全面高は、市場参加者がしっかり買っているという証拠でもあります。でも、だからといってあなたが買うかどうかは別問題であり、また人が買っているからといって、買えば利益が上がるというものでもありません。

 

ちょうど今の値位置は分かりやすいので、少し細かい解説をしてみましょう。日経平均株価の日足チャートをPCの画面に表示してみてください。おそらく、移動平均線も表示されていると思います。私のチャートには、10日と30日と100日の3本の移動平均線が表示されています。比較的多い組み合わせは、25日と75日の組み合わせかもしれません。今の時点で、今日の価格がやっと10日移動平均線の上に出てこようとしています。25日線で見れば、まだ価格が下に位置しています。

160413日経平均株価日足

ここで、移動平均線の見方をおさらいしておくと、

1.移動平均線の向きが、トレンドの向き

2.終値が移動平均線より上ならアップトレンド、下ならダウントレンド

などが簡単な見方です。

 

そこで、上記に書いた今日現在の移動平均線と価格の関係を、もう一度見てみます。やっと価格(終値)が10日移動平均線の上に出ようとしているが、25日線よりは下、10日線も25日線もいずれも下向き。ということは、現在はダウントレンド。(?)

 

ここまで導き出せば、「ダウントレンドの中で買うのかどうか?」という自分自身の意思確認を行います。ここまで、「明日上がるかどうか」「これから上がるかどうか」なんて考えませんでしたね。価格と移動平均線の情報から、環境としてのトレンドの状態をチェックして、そして自分自身の意思を確認した。

 

ダウントレンドで買う人を、逆張りといいます。

アップトレンドで買う人を、順張りといいます。

ダウントレンドで買う人は、安く買って、高くなったら売る人でもあります。

アップトレンドで買う人は、勢いの強い、安定的な値動きで、ささっと利益を上げてしまう人でもあります。

 

この方法は、両方ともに十分に勝てる方法ですので、どちらを選択しても勝つことはできます。問題は、勝ちが安定しないうちには、どちらかのやり方に固定して、同じやり方を続けること。なぜなら、同じ勝つやり方を続けていけば、確率をしっかり利用できるから。しかし、残念ながら「明日上がるかな」、「これから上がるかな」と考えている人は、確率を利用しようとするのではなく、「投資の達人や名人」になろうとしています。

 

投資を始めて15年が過ぎ、1万人以上の様々な投資家にお会いしてきましたが、本当に達人だな、名人だなと思う人に会ったのは1人か2人くらいのような気がします。勝つ投資家にはたくさん会ってきましたが、その人たちは、「しっかりと確率を利用する普通の勝ち組投資家」です。そして、私も確率を利用して勝つ投資家の一人です。あなたも、達人や名人になる必要はありません。普通に、確率を利用して勝つ投資家になればよく、それはあなたにも可能です。

 

そのためには、上記で軽く解説したように、状況を正確に把握し、評価を行い、そして、あなた自身が利用する確率を決めておく必要があります。

その確率の選択肢は、大きく分けて2つです。

1.ダウントレンドの中で、逆張りで買って、勝率は低いけれど、成功したら大きく利益を伸ばす

2.アップトレンドの強い値動きで買って、利益幅は欲張らずに、ささっと確実に勝つ

1を逆張りや転換点と呼び、2を順張りと呼びます。そして、昨日や今日買おうとしている人たち、買っている人たちは、1の戦略と戦術を選択してその確率を利用している人たちです。ここまで何度も、「確率」という言葉を使ってきました。確率という言葉は、「絶対ではない、保証されてはいない」という意味でもあります。だから、全ての銘柄、全ての売買で、利益を上げる必要もありませんし、そんなことはできません。

 

確率を利用して勝つ投資とは、損をする売買があっても、同じやり方を続けていって、最終的に勝つ売買です。これが、自分の中に完成すると、すごく楽になり、もう一段高いステージに上がることができます。昨日、今日の国内株式市場の上昇で、心が揺れている投資家も多いと思いますので、よくチャートを見て、自分の売買と思いを振り返ってみてください。しっかり決めることができ、実践していくことができれば、勝てるようになりますよ。(チャート出所:「株の達人」 (株)ストック・データバンク)

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up