感情のままに株を売買すれば最終的に損をします。冷静に投資を運ぶには、コレが必要です。

2017/12/08


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

なぜ投資家は失敗するのか? 株式投資編 2-3 平常心を保つために行うこと

2-2節では、平常心を保ち有利な売買を続けることで成功する確率が高くなるとご紹介しました。しかし、投資を行えば投資資金は多少なりとも増減するので、厳密な意味では心を動かさないことは不可能と言えるでしょう。ここでは、平常心を保ち、自分が有利な売買を続けていくために必要なことを述べます。

 

投資家の心を最も動かすものは資金の増減なので、この点に目を向けましょう。まず心が動揺しないように、適切な売買の株数や株式の購入代金を決めます。これは、「資金管理」という考え方です(詳しくは、後の節で紹介します)。投資家は大きく儲けたいという気持ちが強いため、どうしても投下資金が大きくなりがちです。投下資金を大きくした分だけ心も大きく動揺しますので、かえってマイナスの結果を生むことが多いのです。まずは、動揺せず損失を抑えるために、1 回の売買当たりの売買株数や購入金額を小さくすることから始めましょう。

 

しかし、単に売買株数や購入金額を小さくして資金管理を行ったとしても、利益を上げることができなければ意味がありません。そのために、より有利な売買手法、より有利な投資理論を学び、身に付けていく必要があります。将来の価格変動の方向性に対して資金を投じるという投資の性質上、どんなに有利な売買手法・投資理論であったとしても、100%の未来は予測できません。

 

どんなに優れた売買手法・投資理論であったとしても、損をしてしまう時間帯や取引は必ず存在します。そのとき、同じ売買手法や投資理論を続けていくことに不安や疑いを覚えると、それを続けられなくなります。不安や疑いを拭うだけの確信や自信があれば、その時間帯を乗り越えて利益を上げることにチャレンジできます。

 

あなたが、ある売買手法や投資理論の表面的な部分を学ぶだけでは、自信を持ってそれを続けていくことは不可能です。真の意味で売買手法や投資理論を身に付け実践していくためには、あなた自身のたゆまぬ行動が必要です。具体的には、本を何度も読み、DVDを何度も見返し、実際のチャートの中で確認し、目の前の価格の動きでシミュレーションを行い、自分の頭と手を使い、行動を続けることです。あなたが行動した分だけ、あなたはその売買手法や投資理論に対して自信を持つことができます。そのとき初めて、疑いや不安は薄れ、心を乱すことなく行動を続けられるようになるのです。

 

平常心を保つには自信と信頼が必要で、それを裏付ける努力が不可欠です。あなたは今、株式投資を学んでいます。自分の投資スタイルを確信できるまで高いレベルに引き上げてください。あなたのその行動は、将来の利益へとつながっていくのです。

 

上記コラムは、全7章からなる無料レポート「なぜ投資家は失敗するのか? 株式投資編」からの抜粋です。全編を読んで、失敗の理由を克服したい人は、こちらのページから無料で手に入れてください。

なぜ株表紙

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up