株式投資において、「分かっているけどできない」ことありませんか?それこそが、投資でメンタル=感情のコントロールが必要な理由です。

2017/07/07


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

株式投資で成功することは、ネットで散乱する情報のように、楽ではありません。むしろ、分かっていてもできない、そんな辛く、苦しいことを実践する毎日です。だからこそ、投資にメンタル=感情のコントロールが必要なのです。

 

第2章ビビるから失敗する

2-1 なぜ投資家のメンタルが大切なのか?

投資において、メンタルが大切か、技術が大切か、という議論がよく交わされます。しかし、それには議論の余地はありません。なぜなら、技術を使いこなすのは投資家という人であり、人が何らかの行動を起こすときには必ず心理的な影響があるからです。つまり、技術を大切にするためにも、メンタルを無視することはできないのです。

 

私は、過去10 年以上にわたり、数千人もの投資家の質問や悩みに答え、また自分自身でも投資を続ける中で、紛れもなく、投資においてはメンタルが大切であると認識しました。その理由は、「私たちは、お金というものを命の次、あるいは命と同等に大切なものとして考えており、投資家はお金の増減に常に身をさらしているから」です。

 

投資とは、直接的にお金を増やしたり減らしたりする行為です。そのお金は、多くの人にとって命の次に、あるいは命と同等に大切なものです。それだけ大切にしているものが常に増えたり減ったりすれば、私たちの心は自ずと揺れ動くでしょう。心の揺れは、時に欲として、時に恐怖として、私たちの心を支配します。そうなったとき、私たちの心は、私たち自身をある決まった行動へと駆り立てるのです。これが、投資家にとってメンタルが大切な理由です。

 

次に、具体的に投資を始めたときに起こる心の動きと行動が、いかに投資に対して理に適っていないかをご説明します。投資家が売買を行うと、次の瞬間から利益や損失を生みます。短い期間のうちは、利益も損失も小さい額なので、それほど問題にはなりません。利益も損失も、少額であればそれほど心を動かさないのです。しかし、2 日、3 日と時間を経過すると、利益も損失も徐々に大きくなり始めます。この時点で心が揺れ動き始めます。利益が上がっている場合には、「利益を失いたくない」という感情が起こります。そして、損失を被っているときには、「何とか損失を回復させたい、取り戻したい」という気持ちになるのです。

これらの心の動きにより、投資家は2つの行動を取ります。

① 利益が上がっている取引の決済を行う(利益を手に入れる)

② 損失を被っている取引の決済は行わず、先送りにする(俗に「塩漬け」と呼ばれる行為)

 

この行動は、あなたの取引口座の中に、評価上の損失、いわゆる「含み損」の取引だけが残され蓄積されていく、という状況を生みます。その中には、運よく損失を回復する取引もあります。しかし、すべての取引の損失が回避することなど不可能です。損失に対処する方法を知らず、ただ損失を避けるためだけの先送りの行動を続けることで、含み損が拡大し、いつしか資金面・精神面で耐えられなくなり、損失が拡大した状況で決済を迫られます。これが、初心者の個人投資家が損失を拡大させ、市場から撤退していくメカニズムです。だからこそ、投資家は自分の心の動きを知り、感情のままに行動しないことが重要なのです。

 

上記コラムは、全7章からなる無料レポート「なぜ投資家は失敗するのか? 株式投資編」からの抜粋です。全編を読んで、失敗の理由を克服したい人は、こちらのページから無料で手に入れてください。

なぜ株表紙

 

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up