【ニュース解説】「欧州中銀が追加緩和」

2016/03/11


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

欧州中銀が追加緩和

量的緩和拡充 マイナス金利拡大

欧州中央銀行(ECB)は10日の理事会で包括的な金融緩和策を決めた。銀行が余剰資金をECBに預けた際に課すマイナス金利を現在の0.3%から0.4%にする。国債などを大量に買い取る量的緩和の規模も拡大する。原油安で低迷する物価をてこ入れする狙いがある。(日本経済新聞3月10日1面記事より)

 

ドラギ総裁は理事会後の記者会見で「物価安定という政策目標が大きなリスクにさらされている。対抗するために包括策を決めた」と語り、物価の低迷に焦るECBは2015年12月に続きわずか3カ月で、追加緩和策を打ち出しました。

 

この発表後に、一旦ユーロは急落、しかしながら、その後の記者会見でドラギ総裁が、「追加利下げが必要になるとは思わない」と発言したことが伝わると上昇に転じ、乱高下の展開となっています。既にユーロは、対米ドルにおいて昨年2015年3月に安値をつけた後、安値を割り込まなくなっており、ECBのマイナス金利導入は思惑のようなユーロ安にはつながっていないことが分かります。

ユーロ/米ドル 日足 3月10日

160310ユーロ米ドル日足

 

またドイツの株価指数(DAX)を確認すると、2月初旬に安値をつけた後、安値を切り上げる上昇が続いており、これは原油市場の反発と機を同じくするものです。以上のことから、ECBが焦る物価安定の大きなカギを握り、同時に各国の金融市場にも大きな影響を持っているのが、実は原油市場であり、原油市場の動きに影響されながら、各国の中央銀行の政策効果の是非が占われていく気配が漂っています。

DAX 日足 3月10日

160310DAX日足

NY原油先物 日足 3月10日

160310NY原油日足

 

世界の市場がかつて経験したことのないマイナス金利を導入したECB、そしてそれに追随している日銀の政策の効果は、原油市場に翻弄されながら、その見極めの時間を過ぎていきます。通貨、株式、商品のそれぞれの市場が様々な材料により確かに連動していますので、それぞれの動きの中にリスクとチャンスを確認し、今後の行動に結びつけていく必要があります。

チャート出所:「Edge Trader」 インベストメントテクノロジーズ(株)

 

記事出展:投資総合メディア「投資家の鏡」

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up