株式投資で利益を上げるために、何を知ればいいのか分かっていますか?

2017/06/24


[PR]【new】住友化学(4005)協和キリン(4151)を買うのは、ある特定の日です。それを知っていますか?

多くの個人投資家は、「株式投資で利益を上げる」方法を全く誤解しており、それゆえいつも的外れなものを追い掛けています。もしあなたが的確なものを追い掛け、手に入れているとすれば、あなたは既に利益を上げ始めていますが、そうではないはずです。その事実こそが、的外れなものを追い掛けているという何よりの証拠です。株式市場で利益を上げるために、何を知らなければならないのか?確かめてください。

 

「なぜ投資家は失敗するのか? 株式投資編」 1-2何を知らなければならないのか

この節では、前節で紹介した3 つの要素について、何を知らなければならないのかを紹介していきます。

市場に関して

市場とは、あなたが売買を行う対象であり、株価(企業・銘柄)と言い換えることができます。つまり、これから株式投資で利益を上げようとするのであれば、その売買対象である企業・銘柄の株価の価格変動について知らなければなりません。価格変動を知るためには、2つの分析手法を身に付け、株価の特徴や性質を知る必要があります。2 つの分析手法とは、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」です。

 

ファンダメンタル分析とは、価格変動に影響を及ぼす基礎的(ファンダメンタル)な要因を検討し、分析する手法です。テクニカル分析とは、価格変動を継時的な変化としてチャートと呼ばれるグラフに書き起こしたり、指数化したりするなどして、過去のパターンや特徴を分析し、将来的な価格変動を予測する手法です。

 

売買方法に関して

株式投資とは、株の売買です。では、実際に売買を行う際に、いつに注文を出せばよいのでしょうか。また、エントリー注文の形態として、主に、「成り行き」「指値」「逆指値」の3 種類が存在しますが、それぞれの違いや使い方とは、どのようなものでしょうか。

 

利益を上げるトレーダーたちは、自分の戦略や戦術に合わせて、意味のある、より有利な売買方法を決めています。しかし、初心者の投資家は、わけも分からず、見よう見まねで我流の売買を繰り返します。これでは、利益が上がるわけがありません。自分の戦略や戦術を決めて、その上で最適な売買方法を知り、実践することが必要なのです。

 

自分自身を知る

「自分自身を知る」と言うと哲学的に聞こえるかもしれませんが、株式投資においても非常に重要です。なぜなら、売買を行うのは他ならぬあなた自身だからです。価格変動の分析に、ファンダメンタル分析を採用するのか、テクニカル分析を採用するのか、決めるのはあなたです。同じように、売買注文を出すときに、「成り行き」で注文するのか、「指値」で注文するのかを決めるのもあなたです。そして、あなたが決めた行動により、利益が上がるか、損をするかが決まります。つまり、あなたの決断と行動が、結果を導き出すのです。このことに気付くと、株式投資を行うにあたり、自分自身の行動や決断、気持ちの変化など、「あなた自身を知らなければならない」ということが理解できるのではないでしょうか。

 

上記コラムは、全7章からなる無料レポート「なぜ投資家は失敗するのか? 株式投資編」からの抜粋です。全編を読んで、失敗の理由を克服したい人は、こちらのページから無料で手に入れてください。

なぜ株表紙

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up