アノマリー検証 第12回「月の第何日のアノマリーは存在するのか? Part4」

2017/07/28

【new】最新の株システムトレードアプリが2週間無料

前回は月の第何日かにオーバーナイトトレード(当日大引けで買って、翌日寄り付き手仕舞い)を行った場合に、アノマリーが存在するのかを、日経225のETFで検証してみましたが、同じ検証を大型株(売買代金上位100銘柄)でも行ってみようと思います。
検証に利用したのは、日本株のバックテストと完全な全自動売買を行えるiTradeという専用アプリです。(iTradeのWEBサイトはこちら:http://itrade.tokyo/start/link/kabuyoho/
 

<月の第何日アノマリー検証(4)「大型株オーバーナイトトレード検証」>

今回の検証は以下の条件のもとに行いました。

検証期間 2007年1月~2016年12月までの10年間
売買対象 国内市場に上場されている制度信用銘柄の内、前日終値が80円以上の売買代金上位100銘柄を日々抽出。ただし、当日大引けがストップ高になっている銘柄や、信用規制で新規売買停止銘柄は売買対象としない。
売買単位 運用資産2億円、1銘柄200万円以内で最も多くの株数を買う(単利)
売買ルール 月の第何日を限定し、当日大引けで買って、翌日寄り付き手仕舞い(オーバーナイトトレード)
売買コスト ゼロ(コストを加算するとバイアスの存在が正しく見えなくなるため)

以下のグラフは、上記条件で、月の第何日にオーバーナイトトレード(当日大引け買い、翌日寄り付き手仕舞い)を行った場合に、何らかのアノマリーが存在するかどうかをテストした結果です。もしアノマリーが存在するとしたなら、パッシブファンドの組み入れの影響が一番考えられますので、月初または月末に何らかの傾向が出るのではと考えて、月の1日から10日までと、25日から31日までで、検証を行ってみました(月初と月末は、ファンドの組み入れが集中することがわかっていますが、月中はそういったイベントがありませんので、検証対象から外してあります)。

<大型株オーバーナイトトレード買いの累積損益推移グラフ>

201707261

この累積損益グラフを見る限りでは、オーバーナイトでは、ある特定の日に継続して上昇または下落する傾向はほぼ存在していないように見えます。

大型株デイトレードの検証を行った際には、継続的に下落している(陰線をつける傾向が高い)と見えるのは、月の5日でした。一方継続的に上昇している(陽線をつける傾向が高い)のは、月の29日になりました。

そこで念のため、デイトレードで特徴のあった日の累積損益グラフを確認してみました。下のグラフのピンクの線は5日のオーバーナイトになります。

201707262

このグラフを見る限りでは、5日は当日大引けに買って、翌日寄り付きに手仕舞いすれば、利益となる傾向がわずかに存在していることがわかります。2008年後半のリーマンショックの期間においては、一時的な落ち込みはあるものの、やや上昇傾向が見られますので、5日のオーバーナイトには、デイトレードとは反対方向のアノマリーが存在している可能性があります。
それ以外の期間では累積損益グラフにはほぼ方向性が無く、アノマリーと呼べるような特徴ある値動きは見当たりません。
この結果からは、月の5日は、「当日寄付き売り、当日大引け手仕舞い&ドテン買い、翌日寄り付き手仕舞い」を行うのが良いことがわかります。
 
 
【new】最新の株システムトレードアプリが2週間無料


京都ラボ
iTrade (株式用バックテスト&完全自動売買アプリ)を使って、書籍等で紹介されている著名な売買戦略が日本株において有効に機能するかどうかの検証と、日本株におけるアノマリー、有効なパターン等の検証を行います。またシステムトレーダーを目指す人々のために、ストラテジー構築の考え方についても解説を行います。
京都ラボの提供する、コラム・教育サービスは、投資に関する考え方の一例をご紹介するというものですので、その正確性や完全性等について保証するものではありません。 実際の投資はお客様のご判断・ご責任で行って頂くものであり、弊社は、お客様の投資におけるいかなる利益も保証するものではなく、また、お客様の投資によるいかなる損害に対しても補償を行うものでもありません。 本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

コラム&レポート Pick Up