利益だけに目を奪われていては、永久に利益を上げられないという逆説

2018/03/16

個人投資家は投資を始めるにあたり、全員が初心者です。初心者である投資家は、これから始める投資に対して、利益という希望に引き寄せられて投資を開始します。「どんなに儲かるんだろう。」という風に。この投資家の心の中には、自分が損をするという自覚はありません。そもそもそんな自覚があれば、容易に投資に手を出せません。

 

こうして初心者の投資家は、日々利益を夢見て売買を続けます。しかしいつまで経っても儲かりません。そのうちだんだんと希望が見えなくなりますが、既に多くのお金を失っており、「今止めたら損をする」という一心で売買を続け損失という傷を拡大します。これが個人投資家に起こる現実です。

 

ここにはほとんど知られていない一つの逆説があります。それは、「利益だけに目を奪われていても利益は上がらず、 損失を見据えてコントロールした時に、本当に利益が上がり始める。」というものです。

 

あなたの周りに存在する、投資に関連するコラムや見解、商品や情報などを見てください。全てが利益を中心に展開されています。なぜならあなたの目や多くの投資家の目が、「利益」に奪われるからです。しかし、そんな情報の氾濫の中で、8割の投資家は損をしています。つまり利益だけを見ても、望む結果は得られないのです。

 

利益を上げている投資家に、その利益の理由を聞けば、その逆説にすぐに気づきます。利益を上げる投資家は、常に損失やリスクを見ています。それらをコントロールした先に、利益を見ます。文字通り、見ている世界や景色が違うのです。これが、あなたがいつまでも利益を上げられない逆説です。

 

もし今利益を上げられていないとしたら、あなたのこれからの損失の可能性を測り、コントロールするようにしてください。あなたの投資の結果は変わり始めます。

 

本コラムで紹介している利食いの技術や考え方は、株式投資における本質的な理論です。私の新著「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」には、株式投資の本質の理論だけを集約しました。利益を上げる株式投資の本質の理論を学びたい人は、こちらから書籍を手に入れてください

books-image

この記事を書いている人

松下 誠
投資家を育てる専門家。これまで累計3万人に本物の投資を教育してきた。
セミナー講師として登壇した回数は過去200回以上。参加者は「とてもわかりやすい」「今まで誰も教えてくれなかった理論を教えてくれる」「甘い自分を律してくれる」とセミナーは毎回好評を評している。

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
今週の「利食い千人力」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
アイフィス・インベストメント・マネジメントが提供する投資助言サービス「セーフリッチプログラム」で推奨した銘柄のエグジットのタイミングで当該銘柄の投資戦略を振り返り解説します。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。