もし今暴落が起こり、ダウントレンドが始まったらどうしますか?

2018/01/26

もし今、株式市場に暴落が起こり、ダウントレンドが始まったら、あなたはどうしますか?26年ぶりの高値圏にある国内株式市場で、暴落やダウントレンドを想像している投資家は、ほとんどいません。しかし上がり続ける相場などなく、いつかは下落が始まり、時に暴落も起こります。

 

何をもって「暴落」と呼ぶかは、人それぞれの判断ですが、大抵年に1、2度は暴落が起こります。それが中長期ダウントレンドの始まりにならないとは、誰にも言えず、その可能性がゼロでない限り、投資家はその事態に準備しておかなければなりません。そしていつも準備のできていない投資家が、市場で損をしたり、利益を吐き出したりします。

 

「ルールが大切」と、市場でよく言われますが、この「ルール」には、当然、暴落や長期ダウントレンドへの対処も含まれています。ルールを作り、守っている人は、常に暴落や長期ダウントレンドへ準備ができているのです。

 

私(松下誠)は、今年暴落が起こる可能性や長期ダウントレンドが始まる可能性を排除していません。いつ起こってもおかしくないと思っています。だからこそ、私が執筆しているセーフリッチの株式レポートでは、長期保有推奨中の銘柄の、今年の利食いを準備して、常にイメージしています。

 

これから起こる値動きや事態に対して、あらかじめイメージを持ち、描いていると、いざそのことが起こっても、すぐに体が反応し、適切に対処できます。しかし準備やイメージが不十分な人は、それが起こるとパニックに陥り、体はフリーズし、適切な対処ができず損失を広げてしまいます。

 

市場が絶好調な時でも、暴落や長期ダウントレンドへの準備を忘れないでください。その差が、勝つ投資家と負ける投資家の違いでもあります。

本コラムで紹介している利食いの技術や考え方は、株式投資における本質的な理論です。私の新著「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」には、株式投資の本質の理論だけを集約しました。利益を上げる株式投資の本質の理論を学びたい人は、こちらから書籍を手に入れてください

books-image

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
今週の「利食い千人力」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
アイフィス・インベストメント・マネジメントが提供する投資助言サービス「セーフリッチプログラム」で推奨した銘柄のエグジットのタイミングで当該銘柄の投資戦略を振り返り解説します。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up