FM 今週のポイント(10月30日)

2017/10/30

*想定をはるかに上回る上昇力を見せ付けている日経平均株価。 16営業日連騰の記録を作り、27日には 22,000円大台を超えています( 21,000円大台を超えた 10月 13日から、わずか 11日で大台替わり)。上昇持続の原動力は世界的な景気回復と、米国のマイルドな金融政策変換観測です。そして、日本独自の要因を敢えて挙げるとすれば、衆院選での自民党圧勝による、日本政治の安定感でしょう。安倍政権の強化安定により強固な日米関係継続は、北朝鮮有事においてさえも日本経済・マーケットに大きな安心感を齎すものと思われます。足元、発表されている国内企業の業績も堅調そのものです(日経新聞によると、3月決算の上場企業 1,587 社は上期の営業利 益が 8.2%増、年間では 6.2%増と過去最高の水準を計画している。 4 ~ 9月期決算を発表した企業を含め、 10月に入って全体の 1割強にあたる 212社が営業利益を見直した。例年と比べ上方修正は前倒しになっており、8割の企業が上方修正。全体の利益額は約2,400億円増)。ドル円相場も比較的円安方向で安定していることから、通期の EPS増加率 は 10%程度が見込め、日経平均株価ベースで考えると PER16倍で23,000 円を超える計算になります。米国株式市場の堅調さが持続すれば比較的早期に日経平均株価 23,000円大台突破を見ることができそうです。仮に1996年 6月のバブル崩壊後の戻り高値 22,666円を超えるとすれば、日本株式市場が新たなステージに入ったことになります。

*さて、今週の展望ですが、基本的には上昇相場が続くと考えます。景況感が良い中で米国金融政策のマイルドな転換観測は持続し、米国株の堅調さは継続する可能性が高いと思われるからです。 一時、次期 FRB総裁にテーラー氏との観測もありましたが、再度、ハト派のパウエル氏の指名が濃厚になり(米紙報道)、過度な引き締め観測は後退する見込みです。気になる足元の景況感は11月3日の米雇用統計、ISM 製造業景況感指数で確認する事になります。ただし、短期的に急上昇していることに加え、冷静に考えれば高値警戒感が台頭する水準であることは間違いなく、利益確定売りは増加するものと思われます。また、トランプ大統領のアジア歴訪が近づき、再度、北朝鮮情勢に対する懸念が大きくなることも想定されます。好業績期待が実現する中でも、すでに過度な期待から上昇している銘柄には短期的には新規の買いニーズがありません。業績発表による出尽くし売りも続出するものと思われ、今後の銘柄選択は非常にデリケートな場面を迎えます。個々の銘柄の現状までの上昇相場の中でのコンディションを見極めてポートフォリオを組み直す必要があります。特に、蚊帳の外状態の中小型株の活用がパフォーマン スに大きく影響を与える場面であると認識しています。

いちよしアセットマネジメント株式会社
ファンドマネージャー 秋野充成の視点   いちよしアセットマネジメント株式会社
25年超にわたるファンドマネージャー経験に基づきマーケットに即した情報発信、短期から長期の相場想定を提供していきます。
『 重要な注意事項 』
  • この資料は、市場の現状の説明資料の一部としていちよしアセットマネジメントが作成し、提供するものです。未許可での使用、複製の作成や発表は法律で禁じられております。
  • この資料は、いちよしアセットマネジメントが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、過去から将来にわたってその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • この資料は、投資の参考となる情報の提供を目的としたものであり、個々の投資家の特定の投資目的または要望を考慮したものではなく、また投資勧誘を意図したものではありません。
  • この資料に掲載されたデータ・グラフ等は過去の実績またはシミュレーションであり、将来の成果を示唆、あるいは保証するものではありません。また、記載された見解等の内容はすべて作成時点でのいちよしアセットマネジメントの判断であり、今後予告なく変更されることがあります。
  • 有価証券投資は、株価の変動により、または発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、損失が生じるおそれがあります。
商 号 等: いちよしアセットマネジメント株式会社
        金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第426号
加入協会: 一般社団法人 投資信託協会
       一般社団法人 日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up