FM 今月のポイント(2017年 6月)

2017/06/05

*ついに日経平均株価が2万円大台を突破しました。NY 株式市場が連日の史上最高値を更新する中で、出遅れ・割安感が指摘されていた日本株が本格的な上昇に転じることになるのでしょうか?⇒当面は短期的な過熱感からの利益確定売りをこなす事が先決です(東証1部の 25 日 MA 当落レシオ 128.85)。トランプ政策離れが進むNY株式市場の動向を考えると6月8日に実施される予定のコミー前 FBI 長官の議会証言の影響は軽微と思われます(コミー氏の議会証言ではロシア疑惑に絡み、トランプ氏が大統領補佐官だった側近のフリン氏への捜査中止を要請したとされる言動が「司法妨害」にあたるか否かがポイントとなる)。6月2日に発表された5月の米国雇用統計について、年内の利上げペースを加速させるほど強いものではないとマーケットが受け止めたことの方が日本株には影響が大きいと考えられます(メディアでは「失望する内容」との報道が相次いだ)。非農業部門雇用者数増加は前月比 13 万 8000 人に留まりました(事前予想は 18万人程度):3月、4月も計6万 6000 人の下方修正)。さらに注目されていた賃金上昇率が前年同月比で 2.46%増加に留まり、4月の 2.51%を下回りました(2月の 2.8%をピークに頭打ち感が高まっている)。6月 13 日~14 日に開催される FOMC での利上げは揺るがないものの(FFレート先物から判断すれば 80%程度の利上げ確率)、その後の FRB の強い利上げ意欲をにじませ難い結果であったと思われます。雇用統計の発表を受けて、ドル円レートは 111 円台から 110 円台前半への円高傾向となりました。米 10 年債利回りは 2.160%まで低下して昨年 11 月以来の水準を付けています。日経平均株価が2万円をあっさりと抜けた背景に雇用統計期待(指標が上振れ FOMC で利上げペースの加速が確認され米 10 年債利回りの上昇、ドル円レートの円安方向への加速)があっただけに、一時的には失望売りが加速する可能性があり要注意です。また、逆にリバーサル加速の結果として順当に上昇していた小型株が利益確定売りにさらされましたが(日経平均株価が2万円を突破した6月2日の東証マザーズ騰落率はマイナス 0.38%)、早期に上昇基調を取り戻す可能性が考えられます。長期金利の低下、円高傾向はグロース株、小型株に大きくフォローです。一時的な大型・バリュー・シクリカルの反転に惑わされる状況ですが、小型・グロース株を中心にポートフォリオを構築する今年のメインシナリオを変更する必要は無いと考えています。

いちよしアセットマネジメント株式会社
ファンドマネージャー 秋野充成の視点   いちよしアセットマネジメント株式会社
25年超にわたるファンドマネージャー経験に基づきマーケットに即した情報発信、短期から長期の相場想定を提供していきます。
『 重要な注意事項 』
  • この資料は、市場の現状の説明資料の一部としていちよしアセットマネジメントが作成し、提供するものです。未許可での使用、複製の作成や発表は法律で禁じられております。
  • この資料は、いちよしアセットマネジメントが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、過去から将来にわたってその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • この資料は、投資の参考となる情報の提供を目的としたものであり、個々の投資家の特定の投資目的または要望を考慮したものではなく、また投資勧誘を意図したものではありません。
  • この資料に掲載されたデータ・グラフ等は過去の実績またはシミュレーションであり、将来の成果を示唆、あるいは保証するものではありません。また、記載された見解等の内容はすべて作成時点でのいちよしアセットマネジメントの判断であり、今後予告なく変更されることがあります。
  • 有価証券投資は、株価の変動により、または発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、損失が生じるおそれがあります。
商 号 等: いちよしアセットマネジメント株式会社
        金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第426号
加入協会: 一般社団法人 投資信託協会
       一般社団法人 日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up