私がファンドを始めた訳

2015/01/22

私は1998年暮れから9年間、スイスジュネーブに赴任し、グループ企業の資金運用を任される機会を得ました。スイスというと思いつくのがアルプス、チョコレート、チーズ、高級時計といったものでしょうか。実はそれ以外にも世界的に有名なものがあります。それは個人の資産を長期でお世話するプライベートバンクです。

なかなか敷居が高いとされるスイスのプライベートバンクですが、我々は幸運にも合計12行に口座をオープンすることが出来ました。おそらく日本人に限らず、これだけのプライベートバンクと関係をもった人間はいないかもしれません。面白いもので同じプライベートバンクでも、それぞれ歴史も、特徴も異なり、しっかり個性がありました。さらに、さまざまな分野で、素晴らしい才能のある人材と知り合えたのも大きな財産となりました。

実はスイス赴任の当初から目標にしていたことがありました。それは、この世界の金持ちしか相手にしない彼らの資産運用のノウハウを、何とか『日本の一般の方』にもいずれ提供したいというものでした。2013年、さわかみ投信の澤上会長様のご紹介でクローバーにかかわることになり、ようやく永年の夢が果たせる機会がやってまいりました。私たちのスイスでの運用エッセンスを一万円から買えるファンドとして皆様に提供できるようなったのです。

また、ちょうど2013年というタイミングは、今までの『円高、デフレ』から『円安、インフレ』へ転換する時代になったということで、真剣に運用を考えないといけないとても大事な時期でした。『円高、デフレ』の時代ならば銀行預金、つまり円の現金でお持ちいただいても投資としては正解でした。
しかし、『円安、インフレ』になるとそうはいきません。リスクを取って投資する必要があります。ところが、いままで株式投資のご経験のある方ならともかく、銀行預金しか経験のない方にいきなり投資をといってもなかなか出来るものではありません。そんな皆様にも安心して、満足のいくリターンを安いコストで提供できる投資機会を提案したい。2013年4月に『コドモ ファンド』を設定したのはそのような思いからでした。
またクローバーには『浪花おふくろ』『 かいたく』『らくちん』という兄弟ファンドがあります。これらのファンドの投資にもスイスで築いた世界的なネットワークの分析成果を反映させると同時に、さらに個性的に、特徴をはっきりとしたものにして進化させて行きたいと考えております


これからのクローバーの展開にご期待下さい。


クローバー・アセットマネジメント 代表取締役社長 多根 幹雄

クローバー・アセットマネジメント株式会社
クローバーAMの『時空』サロン   クローバー・アセットマネジメント株式会社
「時間とともに良くなる」をテーマに、「自分年金」づくりのヒントをおとどけします。
本資料は、情報の提供を目的として作成したものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。 投資対象・投資機会の選択などの投資にかかる最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本資料は、信頼できると判断した情報等をもとに作成しておりますが、その内容及び情報の正確性、完全性または適時性を保証するものではありません。 本資料中のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の成果を約束するものではありません。 また、税金や手数料等を考慮しておりませんので、実質投資成果を示すものではありません。 本資料中にある意見等は、資料作成日時点での講演者の考えを反映したものであり、何ら将来の変化・変動等を保証するものではなく、将来、予告なしに変更されることがあります。 本資料に登場する株式や債券等は元本保証ではなく、リスクを含む商品です。 理由の如何を問わず、本資料の全部または一部に依拠した方が被った損失については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。