クロスバリューイノベーション~パナソニックの成長戦略

2015/12/01

・11月の世界経営者会議でパナソニックの津賀一宏社長の話を聴いた。現在59歳、研究開発畑の出身で、AVの分野が長かった。苦境に陥ったパナソニックをどのように再生させたのか。また再生途上にあるという認識なので、厳しい表情でのプレゼンであった。

・テーマは、“未来に向けた「お役立ち」への挑戦”であった。「お役立ち」は英語で何というのか。英語のスクリーンを見たら、‘Contribution’と訳されていた。パナソニックは2018年に、創業100周年を迎える。津賀社長は、「社会に貢献(Contribution)するから利益がついてくる。これがお役立ちである。」と、その意味を語った。

・「お役立ち」のできる会社にするには、1)シンプルにみえる化すること、2)意思決定のスピードを上げることを原則とし、それを実践した。過去50年を振り返ってみると、後半の20年は売上が停滞、利益も低迷した。期待したデジタルTV、ケータイが落ち込み、松下電工や三洋電機のM&Aも効果を出せなかった。

・2012年3月期に7700億円の赤字を出し、社長に就任後、TVを改革すれば何とかなると思ったが、①会社の規模が大きすぎる、②次の商品がみえない、③キャッシュが不足している、という危機に直面して、大改革を実行する腹をくくった。

・シンプルでは、30人の常務会を、意思決定の重要機能として12人にした。スピードでは、本社の人員7000人を、130人の戦略本社にした。2年連続で7000億円を超える赤字を出し、無配になっても、パナソニックは大きい会社、いい会社という雰囲気が蔓延していた。そこで、当社は普通の会社でない、負け組であると公表した。

・アナリストからは、後ろ向きの構造改革だけで、成長戦略はないのかと追求されたという。そこで、社長に就任して9カ月後の2013年3月に中期経営計画を発表し、①普通の会社になる、②黒字化し復配する、③3年で営業利益3500億円、売上高営業利益率5%以上を達成する、という目標に掲げた。

・そのためにあらゆることをやると決めた。プラズマディスプレイ、ケータイから撤退した。社員の賃金カットも実施した。2012年3月期に税引利益段階で-7722億円の赤字、2013年3月期も-7543億円の赤字の後、2014年3月期から黒字化し、2015年3月期には営業利益で3819億円を達成した。

・なぜ2年で復活できたのか。津賀社長は、利益を最優先したからであると断言した。つまり、お役立ちの効果が出てきた。では、次の成長戦略はどうするのか。これには「逆算」と「掛け算」で立ち向かうことにした。まず2013年1月のCES(米国のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で、B to Cではなく、B to Bの会社にシフトすると宣言した。コンシューマーではなく、事業会社向けのビジネスをコアにすると決めた。自動車、住宅、社会インフラ、航空機、ヘルスケアなどの事業会社との取引を拡大する。

・産業分野ごとの「逆算」で事業領域を定めた。自動車では電子化や電動化で、車1台当たり今までの10倍の当社製品が使われる可能性がある。住宅ではエネルギー革命で、住宅1棟当り2倍の当社製品が利用される可能性がある。このほかにも、B to Bソリューション、デバイス、家電で同じように定めた。

・そうすると、2014年度から4年後の2018年度(創業100周年)には、7.7兆円の売上高を10兆円に持っていくことができるはずである。これをトップダウンで決めた。つまり、成長の伸び代があるというメッセージを明確に発した。

・では、競争力の源泉はどのように創り出すのか。4カンパニー、5事業部、37の事業の専門性を「掛け算」で強みとし、お役立ちに活かすという戦略をとった。例えば、次世代の自動車のコックピットで、ヘッドアップディスプレイ、電動ミラーなど、車載エレクトロニクスとデジタルAVを組み合わせて、新しい製品やサービスを次々と生み出していく。

・地域にも伸び代がある。5事業分野×3地域(日本、欧米、戦略地域)で、グローバル経営の進化を現地主導で進める。例えば、航空機の機内エンターテインメントは、米国拠点を軸に展開していく。

・津賀社長は、自らの座右の銘を「素直な心で、衆知を集めて、未知なる未来へ挑戦する」と定めた。“素直な心”は松下幸之助の言葉であり、“未知なる未来”はR&D出身の自分の信条であるという。

・パナソニックは本当に変わったのか。この問いに対して、まだ改革途上であるが、少なくとも良い子ぶるのはやめたという。当時は、役員であっても危機感の無さが蔓延していた。これが許し難かったという発言が印象に残った。

・37の事業、5つの事業部、4つのカンパニーの連携をいかに深めるか。毎週4カンパニーのトップがこれを議論して、B to Bへのシフトと競争力の強化に取り組んでいる。これがパナソニックの新しいビジネスモデル、クロスバリューイノベーション(Cross-Value Innovation)である。

・パナソニックにとって、B to Cでは結局、顧客が見えなくなった。そこで、顧客がクリアに見えるB to Bに絞った。しかも、①利益が得られる領域でしか仕事をしない、②加えて成長性を求めていく、と定めた。

・それをトップダウンでリードし、「お役立ち」というメッセージでカルチャーの改革と定着を図っている。松下幸之助の精神に戻るだけではなく、その魂を新しいビジネスモデルに刷り込むことができるかどうか。ビジネスモデルの次なる戦略展開が大いに楽しみである。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。