“俺の”シニアからのチャレンジ

2013/12/02

・2013年11月に日本橋人形町に「俺のフレンチ」がオープンした。立ち食いを基本とするフランス料理店である。私のオフィスのすぐ傍である。10月には表参道(港区)の紀ノ国屋が入っているAOビルに「俺のフレンチ・イタリアン」が開店した。立ち席は並んで待てば入れるが、イス席は予約でいっぱい。人形町の場合はもう予約が取れない状況である。表参道の店は1Fで65坪、1回に150人が入れて、月商5000万円である。

・「俺の(株)」の坂本孝(73歳)社長の話を聴いた。坂本社長はブックオフを創業し、その事業でマイケル・ポーター賞や、13のベンチャー企業表彰を受けた。現在の事業は、13戦目であるという。これまでは2勝10敗。失敗を反省して、何とか成功に導くという道を歩んできた。

・ビジネスモデルは、ミシュランで星がとれるクラスの料理人に“おいで頂いて”、美味しい料理を安くリーズナブルな価格で楽しんでもらうというものである。食材にコストはかけるが、それ以外のコストはできるだけ切り詰めることを考えた。都市の優位性をマーケットとし、ソムリエ2人をおいて、テーブルにワインボトルが1本立つようにする。主力客は、丸の内の33歳の女性、少し太り気味の肉食派、世の中を語るタイプをイメージした、と坂本社長は言う。

・ベンチャーで企業を起こすには、№2の存在が決め手である。当社の場合は、№3も入れた3人でマネジメントに当っている。この3人で経営理念を共有し、秘密は一切作らないという方針を貫いている。この理念の共有が本当にできるかどうかが最も大切である、と坂本社長は強調する。一流シェフを採用する時に、彼らが最も見るのは3人のマネジメントの結束である。3人がそれぞれ語っても、同じことを言う。これで信頼が高まるのである。

・2年前の9月に新宿の16坪のイタリアンからスタートした。レストラン名は新しく付けてもなかなか覚えてもらえない。そこで業態、何屋か、覚えやすい、というのを社内で討議して今の名前にした。

・シェフは人材紹介会社を使って募集する。すでにミシュランクラスの30人を採用した。年間1億円の人材紹介料を支払っている。今のところ誰ひとり辞めていない。いいシェフは人間的にも優れているということが分ったという。

・坂本社長が飲食業に関わった経験は、まだ2年と短い。飲食業は独立しやすいのか、すぐにお山の大将になりがちである。しかも、同業他社を見ると結構仲が悪い。もっと気軽に連携して、ビジネスを大きく発展させることを考えるべきだと主張する。

・起業家を目指す人たちは、①夢を描いて、②事業を組み立て、③まずやってみる、ことであるという。失敗しても、山に登れば、景色が変わる。そして、山に登れば、その向こうが見える。仲間を大事にして、また進めばよいという。

・起業に成功した人を見ると、尊敬する師匠が必ずいる。師匠のいない経営者は尊敬しない、と坂本社長は強調する。坂本社長は稲盛氏の盛和塾に入って言われた。事業の未来を信じて、寝言にまで会社のことが出てくるようになれば必ず成功すると。師匠がいるということは、自分を律するということである。稲盛氏はきちんと叱ってくれる。京セラでは灰皿を投げ、JALではおしぼりタオルを投げて、叱ったという逸話もある。

・「俺の」は、一流シェフの立ち飲み屋というコンセプトを、ありえない形で推進している。この模倣困難性がごこまで通用するか。いずれ株式公開を考えている。俺の会社ではなく、みんなの会社にしたいからである。今後の成長性に大いに注目したい。

株式会社日本ベル投資研究所
コラム   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

コラム&レポート Pick Up