出雲大社 ~ 大国主と大黒天の融合に捉われず実態を見る

2013/09/24

・平成の大遷宮が行われた出雲大社に参拝した。60年ぶりの遷宮というのがきっかけであったが、60年に1回という意味ではないという話を現地で聞いて驚いた。縁結びの神様として有名であるが、この縁にも様々な意味がある。若い女性が多いので、良縁を求めてという観光客もいるのだろうが、どんな人にとっても心を清めるものとなろう。

・遷宮とは、社殿の新築、改築、修造に合わせて御神体を移すことである。伊勢神宮は、式年(定められた年)の遷宮で20年に一度行われる。しかし、出雲大社は60年の式年ではない。だいたい60年に一度の割合を目途に大改修を行う必要があるので、それに合わせて、御神体に仮の御新座に移ってもらい、完成後、もとの本殿の戻っていただく。今回は5年前に仮遷宮を行い、今年、主祭神の大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)がお遷りになった。

・現在の本殿は1744年に造営されて以後、1809年(65年後)、1881年(72年後)、1953年(72年後)に3度の修造が行われた。今回は、2013年(60年後)の大屋根の葺き替えであった。

・紹介があって出雲大社の権禰宜(ごんねぎ)に案内してもらい、正式参拝した。白い装束を上に羽織り、手を清めた後、本殿の前に進み参拝した。一般の人は、この外側のところまでしか入れないが、特別中に入ってお参りをした。その後、お神酒を頂いた後、本殿の周りを一周しながら解説を聞いた。

・大社(おおやしろ)はかつて、山の上にあったようだが、その後下に降りてきて、高さは現在の2倍の48mほどあったらしい。昔の基礎工事であるから、杉の木を3本組み合わせて1本の柱として、それを何本も建てて、本殿の構造を支えていく。しかし、地下が6mくらいしか掘り込んでいないので、風雪の中で耐えきれず、本殿が倒れてしまうことがあった。

・そこで、江戸時代の建て替えの時には現在の大きさ(高さ24m)に落ち着いた。本当に48mもあったのかということが長らく議論になっていたが、それを裏付ける3本の杉をまとめて1本の柱にした跡地が2000年に遺跡として見つかり、3本の杉柱も掘り出された。その柱の根っこの部分は、大社の隣にある古代出雲歴史博物館に展示してある。

・60年に一度の大改修なので、技術の伝承はかなり難しい。今回は昭和28年以来であるが、戦後間もなくの当時でも、それだけの技術を込めていたかと関係者は驚きながら、古いものを剥がして、新しいものに替えていった。今回はすべて記録をとって、ビデオの撮影も行った。次の修造に活かすことができるようにと配慮した。

・屋根は檜皮(ひわだ)で作られている。檜(ひのき)の木の皮である。それを64万枚も使っており、長いものは1枚120㎝もある。それを竹の釘でとめていき、軒先の厚さは1mにもなる。雨水を防ぐことも大事だが、速やかに下に通して、水を逃がしてやる工夫もされている。中に雨水が貯まってしまうと腐り易くなり、屋根が長持ちしなくなる。

・屋根の上の方にある鬼板や千木(ちぎ)、勝男木(かつおぎ)といった装飾については伝統的な「ちゃん塗り」が施される。これは松ヤニ、えごま油、鉛、石灰を混ぜたものである。銅板を使ったところには、いずれ酸化して緑青(ろくしょう)がふいてくる。こうなると内部の腐食を防ぐので長持ちするようになる。到る処に消火栓が配置されて、国宝を守るようにしてある。屋根の上には避雷針がついているが、ここに雷が落ちたことは一度もないという。

・御本殿の中は天井が1つで、そこには雲の絵が描いてある。もともと出雲大社は山の上にあったが、その山は本殿の後ろにあり、八雲山という。天井には雲の絵が7つ描かれているという。どうして8つではないのか。近くの神社の天井に9つの雲が描いてあるところがあり、そこに飛んで行った雲が帰ってこないという説もある。が、本当は完成していないという意味らしい。日本らしさとして、未完にしておくという考えがある。全て完成させるのではなく、次へのつながり、余韻を残しておくという意味である。

・最近、パワースポットという言葉が流行っているが、そもそも神社はパワースポットである。全国には八百万(やおよろず)の神様がおられるが、みな何らかの力をもっている。縁結びというのは、いろいろ縁をとりもつという点で一種のパワーであるともいえる。

・出雲縁結び空港から、出雲大社まで車で30~40分くらい。島根県(6708㎢)は人口70万人、因みに松江21万人、出雲17万人である。出雲地方と石見地方に二分され、歴史的にも分れていた。出雲弁と石見弁はそれなりに違うようだ。出雲弁の代表は「だんだん」(ありがとう)で、テレビ小説のテーマにもなった。

・石見の神楽(かぐら)の展示を古代出雲歴史博物館でやっていた。出雲縁結び空港では、出雲神楽の生演奏を鑑賞した。石見神楽の代表演目は大蛇(おろち)で、スサノオノミコト(須佐之男命、天照大御神の弟)が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治するという話である。出雲神楽では丁度、日本武(ヤマトタケル)を演じていた。日本武が東夷(あずまえびす、野蛮人)を成敗する話である。結構激しい踊りで、衣装も派手な作りで面白い。

・天照大神の弟がスサノオノミコト(須佐之男命)で、その子どもが大国主命(オオクニヌシノミコト)である。若い時に因幡(いなば)の白うさぎを助け、葦原中国(あしはらのなかくに)を治めた。しかし、ここを譲るように天照大神に命じられ、結果的にその見返りとして壮大な御殿の造営を願い、以来、目に見えない縁結びを司る神様となった。ここには何かもっと深い意味があるように思う。

・大国主命は、古事記、日本書紀に登場する。大国はダイコクとも読めることもあり、大黒天と習合(折衷、同一視、融合)されるようになった。江戸時代には両者が一緒になって、民間信仰の中で、ダイコク様として親しまれるようになった。大国主は天皇家につらなる国づくりの神様、大黒天はヒンドゥー教に由来するインド密教として伝来し、仏教の流れとして広まった。七福神の神である大黒天は、大黒柱といわれるように食物、財産などを司る神となった。

・私たちはさまざまな祈願を行う。それは自らの気持ちを改めて確認し、今後への決意を込めながら、縁を求め、運を手繰り寄せようとしている。自分だけではどうしようもない事柄に対して、願いの実現を求めている。思いを新たにし、何らかの行動を起こすという意味において、神道は1つの文化であり、その代表格が出雲大社である。投資の世界においても、これから縁が広がり、深まるようにと祈ってきた。

株式会社日本ベル投資研究所
コラム   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

コラム&レポート Pick Up