7月の豪金融政策について~政策の方向性と豪ドルの展望

2018/07/04
  1. 政策金利は1.5%で据え置きでした。順調な景気拡大に対して低インフレは変わらず、低金利継続です。
  2. インフレ率上昇はごく緩やかと予想され、RBAは当面、現行の政策スタンスを維持すると見込まれます。
  3. 軟調な工業用商品市況、米金利上昇で厳しい環境も、先進国的側面が豪ドルを下支えすると考えます

コスト増を価格に転嫁しにくい環境

3日、RBA(Reserve Bank of Australia、オーストラリア〔豪〕準備銀行)は定例理事会で、政策金利であるキャッシュレートを1.5%に据え置きました。16年8月の利下げ以来の据え置きが続いています。

国内景気は緩やかな拡大が続いています。インフレ率は、MI_CPIを見る限り、インフレ目標の下限(+2%)近くを推移しています。RBAは年内にもCPIが目標下限の+2%を小幅ながら上回ってくると見ています。ただし、厳しい競争(特に小売セクター)にさらされる中で、コスト増を価格に転嫁しにくい環境にあることから、結果として賃金コストは低位な伸びが続き、インフレ率上昇はごく緩やかなものにとどまると見ています。したがって、RBAは当面、現行の政策スタンスを維持すると見込まれます。

201807041

豪ドルならではの特徴が下支え要因

豪ドル相場は、米金利上昇で米ドルが相対的に強い中、対米ドルは軟調、対円はもみ合いとなっています。また、原油高にもかかわらず、豪経済と関連が深い工業用商品の市況はこのところ軟調で、豪ドルの頭を抑えていると見られます。

豪ドルにとって、引き続き難しい投資環境にあることは変わりありません。米ドル金利が豪ドル金利を0.2~0.3%上回る状況は変わっておらず、米ドル資産へ投資資金がシフトしやすい環境と見られます。一方、豪州は、資源国でありながら、先進国の側面も持っていることから、質への逃避の動きもみられる中、資源国通貨、新興国通貨に対して豪ドルは消極的に選択されやすいと考えます。

201807042

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会