ブラジルの金融政策~中銀のインフレ見通しとレアル相場展望

2018/06/21
  1. 政策金利は6.5%で据え置きでした。足元の通貨レアル下落を反映し、インフレ見通しが変わりました。
  2. 今後の政策判断は経済情勢によるとしていますが、インフレ期待が上がってきていることに要注意です。
  3. 経済実態は改善していますが、依然不安要素が多く、神経質な展開を余儀なくされると考えています

レアル安を意識も据え置き

ブラジル中央銀行(以下、中銀)は、19-20日Copomを開き、政策金利のSELIC金利を6.5%で据え置きました(全会一致)。据え置きは2会合連続です。

5月のCPIは前年同月比+2.86%と4月(+2.76%)を小幅に上回ったものの、インフレ目標(右図中)を下回っています。中銀は、18年のCPI見通しを、前回会合(5月15-16日)の前年比+3.6%から同+4.2%へ上方修正し、最近のレアル安を考慮したと見られますが、それでもインフレ目標の範囲内であり、年内の利上げは想定されていません。ただし、レアル安がさらに進行し、インフレ期待が上昇すれば、利上げが意識される場合もあると考えます。

201806211

経済実態に照らすと下げ過ぎ感も…

18年2月以降のレアル安は、当初は米国の引き締め強化懸念から始まっています。米国の利上げは、その後もレアル安の要因ですが、それに加え、ベネズエラ、アルゼンチンといった一部の中南米諸国の苦境、NAFTA(北米自由防衛協定)再交渉後にメキシコが受ける動揺への不安と、中南米経済全体への影響に対する懸念、10月に控える総選挙に向けた政局不安など、不安要素の多さも相場形成に影響していると見ています。

今後のブラジル経済については、年+2%前後の緩やかな経済成長を予想しています。足元でも、景況感、生産、個人消費など主要経済指標が改善しているほか、懸案となっている財政事情も改善しています。経済の実態に照らすと、レアルはやや下げ過ぎの感もあります。しかし、上記の不安要素は早期に解消できるものでもなく、当面は神経質な展開を余儀なくされると考えています。

201806212

※Copom(Comitê de Política Monetária):金融政策委員会 ◇SELIC(Sistema Especial de Liquidação e Custódia):決済・預託特別システム

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会