ECB理事会について~今後のユーロ相場は?

2018/06/15
  1. 景気回復、インフレ率上昇を受け、足掛け4年続けた資産購入プログラムの年内終了を決めました。
  2. 購入した資産は当面残高を維持し、政策金利は少なくとも19年夏までは現状を維持するとしました。
  3. 慎重な政策運営にユーロは下落しましたが、逆に景気にはプラスなので、下値は限定的と考えます

慎重な政策スタンスは変わらず

ECB(欧州中央銀行)は14日、定例理事会を開きました。これまでの景気回復やイインフレ率の上昇を受け、15年3月から続けてきた資産購入プログラム(APP)を年内で終了することを決めました。

月間の純増額は9月までは300億ユーロ、10月以降年内は150億ユーロとします。年明け後は、当面購入した資産の残高を維持し、国債等の償還分は再投資します。また、政策金利であるレポ金利や、現在-0.4%とマイナス圏にある預金ファシリティ金利(銀行が余剰資金を各国中央銀行に預ける際の適用金利)などは、現時点の経済見通しを前提に、引き上げるとしても19年秋以降としています。

201806151

景気実態変わらず、ユーロの下値余地小さい

今回は、ECBスタッフの経済見通し(3、6、9、12月発表)が発表されました。18年の実質GDP成長率が3月の見通しから下方修正され、慎重な政策スタンスにつながったとして、ユーロは売られました。ただし、ユーロ安は景気にはプラスに作用するため、今後は景況感が持ち直し、ユーロが見直される局面も十分あり得ます。また、イタリアの政局不安など、政治要因で売られている部分もあると見られ、この部分も情勢が落ち着けば戻ると考えられ、下値は限定的と考えます。

201806152

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会