ブラジル経済の現状について~18年1-3月期GDP

2018/05/31
  1. 実質GDP成長率は前年同期比+1.2%、前期比年率+1.8%でした。緩やかに景気回復しています。
  2. トラック運転手のストライキの影響で4-6月期は落ち込むおそれがありますが、一時的と見込まれます。
  3. 国内経済の混乱は収束の方向にあり、株価、通貨レアルは相応の反発余地が出てくると考えます

個人消費主導の成長

30日、IBGE(ブラジル地理統計院)が発表した18年1-3月期の実質GDPは、前年同期比+1.2%、前期比年率+1.8%でした。17年4-6月期に景気後退を脱してから4期連続の前年比プラス成長となっていますが、今回初めて減速しました。一方、前期比では17年10-12月期から加速しました。

個人消費主導の成長でした。前年同期比+2.8%と、17年10-12月期の同+2.6%から加速し、全体を引っ張りました。一方、固定資本投資は同+3.8%から+3.5%へ、輸出も同+9.1%から+6.0%へ、それぞれ減速し、バラつきがありました。そこに、在庫投資の減少幅の拡大(成長率にマイナス寄与)が全体を押し下げました。アムンディでは、低金利とレアル安によって景気が刺激されるため、18年も景気回復傾向が続き、実質GDP成長率は17年の+1.0%から+2%台へ上昇すると予想しています。

201805313

成長持続確認なら株価は割安修正余地、通貨も見直しへ

5月21日、ペトロブラス(国営石油会社)の軽油価格引き上げに抗議して、トラック運転手の全国規模のストライキが発生し、物流に影響が出ています。テメル政権の譲歩によってストライキは収束しつつありますが、物資不足によるインフレ圧力で、4-6月期に一時的に景気が落ち込む可能性があり、足元のレアル安の一因になっていると見られます。

米利上げの影響で新興国の経済、市場環境は全般的に厳しくなりつつありますが、ストライキの収束で、景気の落ち込みが一時的と確認できる兆候があれば、株価は現在かなりの割安状態(向こう12ヵ月ベース予想PERは10.9倍の低水準)に修正余地が出てくると考えます。それは同時に、レアルに対する見直しにもつながり、反転上昇の局面があると考えます。

201805314

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up