英国の18年1-3月期GDP速報~金融政策、為替相場への影響は?

2018/05/01
  1. 実質GDPは前期比年率+0.4%と大幅減速でした。建設業の不振、サービス業の減速が影響しました。
  2. オフィス、住宅需要が、EU離脱後の景気減速に対する懸念から落ち込んでいることが目立ちます。
  3. 英ポンド相場は、利上げ期待の後退などから持ち直しが一巡、方向感のない展開が想定されます

ポンド安メリットの喪失で先行き景気不安再燃?

27日、ONS(英国家統計局)が発表した18年1-3月期の実質GDP(速報)は、前期比年率+0.4%でした。+1%を割り込んだのは2年ぶりで、景気減速が鮮明でした。業種別の実質GDPによると、建設業が前期比年率-12.4%と大幅に減少したほか、サービス業が同+1.0%と前期(17年10-12月期)の同+1.7%から減速、製造業も同じく、+5.2%から+0.9%へ減速しました。

Brexit(英国のEU(欧州連合)離脱)に関する交渉が進捗しているとはいえ、離脱後の英国経済に対する市場の不安は根強く、オフィスや住宅の賃料が伸び悩んでいます。また、ポンド高によって海外からの投資採算の悪化も加わり、内外企業からの投資資金流入を鈍らせていることが、建設業の不振につながったと見られます。サービス業、製造業の減速は個人消費の伸び悩みのほか、ポンド高による輸出競争力の減退も影響したと見られます。

201805021

持ち直し一巡で方向感ない展開へ

これまで、Brexit選択後の急激なポンド安で景気が好転したため、ポンドは下げ過ぎの調整で持ち直しに転じ、1月にはBrexit選択時の相場水準を回復しました。これは対ドルでも対円でも、ほぼ同様です。

ポンド安の景気押し上げ効果が失われ、改めてBrexit後の英国経済に対する不安が再燃することは、ポンド安要因です。イングランド銀行(BOE、英中銀)は、インフレ率上昇を理由に、年1回程度の利上げを想定していますが、経済成長の大幅鈍化で、市場の利上げ期待が後退することもポンド安要因です。しかし、ポンド安の景気に対するプラス効果もあることから、当面は上へも下へも行きにくい、方向感のない展開になることが想定されます。

201805022

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up