FOMC~今後の利上げペースと為替相場への影響は?

2018/03/22
  1. FF金利誘導水準は0.25%引き上げの1.5-1.75%でした。景気、インフレ見通しが上方修正されました。
  2. 1920年の利上げペースは若干の加速方向で、好調な米国経済の現状を反映する形となりました。
  3. 日米金利差拡大はドル高要因、引き締め強化観測はドル安要因で、ドル・円相場はもみ合いそうです

着実に進められる正常化

20-21日、FOMC(米連邦公開市場委員会)が開かれ、FF金利の誘導水準は0.25%引き上げられ、1.5-1.75%とされました。良好な雇用環境に対して、インフレ率は依然として目標(+2%)を下回る中、金融政策の緩やかな正常化が着実に進められています。

3、6、9、12月のFOMCで発表される、メンバーの経済見通しでは、18年の実質GDP成長率は12月時点の+2.5%から+2.7%、失業率は同3.9%から3.8%へと修正されました。いずれも、景気をより強く見ています。19年も同様でした。一方、PCE価格指数は+1.9%と据え置きでした。19年も同様でしたが、20年は+2.0%から+2.1%へ上方修正されました。

以上を踏まえたFF金利誘導水準の見通しは、18年末は12月時点と同じ2.125%でした。これは2.0-2.25%の誘導水準までの引き上げを意味し、17年末時点の1.25-1.5%からは、0.25%引き上げが年3回実施されることを示唆しています。

これに対し、19年は2.75%から2.875%へ上方修正されました。これは、12月時点では2.5-2.75%ないしは2.75-3.0%への引き上げで、年2-3回の利上げが想定されていたのに対し、今回は年3回の利上げを想定しており、利上げペースは若干速まる方向です。また、20年は年1-2回から年2回へと、こちらも利上げペース加速が想定されています。

201803221201803222

方向感が見いだしにくい局面

ドル・円相場は、年初からドル安・円高が進行し、17年末の1ドル112円台から、足元は106円台となっています。好調な景気を背景に、金融引き締めが強化されるとの観測が強まり、米国景気の先行きに対する懸念が台頭しました。これで、堅調だった米国株が一時急落、世界にも波及したことで、リスク回避のための円買いが加速しました。

米国で利上げが進み、日米金利差が拡大することがドル高・円安を促すという見方は、17年までは通用していました。しかし、ここにきて、景気にマイナスの影響を与えるほど、性急に利上げされた場合は、逆にドルを押し下げるという見方も台頭してきました。金融政策と為替相場との関係が複雑になってきた分、市場はよりリスクに敏感となるため、ドル・円相場は方向感を見いだしにくくなったと思われます。

世界的な資本市場の混乱がある程度収まってきたため、過度にドル安・円高が進行する可能性は低くなったと思われます。ただし、ドル高要因とドル安要因に挟まれ、ドル・円相場は神経質にもみ合う展開が想定されます。アムンディでは、当面、足元の水準近辺で推移すると見込んでいます。

201803223

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up