17年10-12月期GDP1次速報について(日本)

2018/02/14
  1. 実質GDP成長率は前期比年率+0.5%でした。5期ぶりの+1%を割り込む低成長にとどまりました。
  2. 在庫投資の減少と輸入の増加が減速の要因と見られ、個人消費、設備投資、輸出は堅調でした。
  3. 世界景気の拡大と共に+1%台の成長ペースが続き、インフレ期待も徐々に醸成されると見込まれます

内需はおおむね堅調

本日、内閣府が発表した17年10-12月期の実質GDP成長率(1次速報)は前期比年率+0.5%でした。5期ぶりに年率+1%を割り込む低成長にとどまりました。

成長率が低下した要因は、在庫投資の減少と輸入の増加にあります。実質GDP成長率に対する寄与度は、在庫投資が7-9月期の+1.6%に対し、10-12月期は-0.3%、輸入が同じく+0.8%から-1.8%へマイナスに転じ、当該2項目で成長率を4.5%押し下げました。一方、個人消費が-1.4%から+1.0%とプラスに転換し、輸出が+1.4%から+1.6%へプラス幅が拡大しました。

こうしたことから、7-9月期に一時停滞した個人消費によって増加した在庫投資の反動が、10-12月期に出たと見られます。さらに、輸入の増加は内需の増大が影響したと考えられます。また、輸出の加速は世界の景気拡大の恩恵と見られ、内容としては悪くなかったと思われます。アムンディでは、世界景気の拡大に沿って着実な成長が続き、18、19年共に+1%台の実質GDP成長率を予想しています。

201802141201802142

インフレ期待の自律的な醸成へ

国内家計最終消費支出デフレータ(CPIに相当するインフレ指標)が前期比年率+1.7%と、消費税率引き上げ後最高となりました。非耐久財を除くと+0.3%にとどまり、原油価格上昇が押し上げたと見られ、ゼロ近傍のインフレ率が続いています。それでも4期ぶりのプラスであり、自律的なインフレ期待が醸成される兆しが見えてきたと思われます。

201802143

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up