ユーロ圏の1月景況感について~堅調な景気の行方は?

2018/01/26
  1. 1月のIFO指数は前月比+0.4ポイントで過去最高です。ユーロ高の影響か、期待指数は低下しました。
  2. その他の指標も堅調です。ただし、期待指標の上昇が小さかったほか、投資家の評価がやや慎重です。
  3. ECBの慎重な金融政策運営の下、ユーロ圏の景気は当面堅調と見込まれ、ユーロを下支えしそうです

企業の景況感中心に堅調

1月のユーロ圏景況感指標は引き続き堅調でした。独調査機関CESIfoが発表したドイツ企業景況感指数(IFO指数)は、前月比+0.4ポイントの117.6と、2カ月前の過去最高値に並びました。現況指数の同+2.2ポイントに対し、期待指数は同-1.0ポイントと両者で明暗が分かれました。最近のユーロ高傾向で、輸出の観点から先行き懸念がやや強まったと見られます。

その他の景況感指標も堅調でした。PMI(総合)は前月比+0.5ポイントの58.6と、06年6月(60.4)以来の高水準となりました。一方、ZEW指数、センティックス指数共に前月比上昇しましたが、その度合いは小さかったようです。前者は期待指標のほか、双方とも市場関係者が調査対象の指標です。ユーロ圏の想定以上に強い景気に対し、警戒感を持つ向きも出てきたように思われます。

201801263

逆説的なユーロ高?

ユーロ相場は足元、対ドル、対円共に堅調です。1ユーロ1.24ドル台は約3年ぶり、135円超えは約2年ぶりです。

25日に開かれたECB(欧州中央銀行)の理事会では、インフレ目標達成への確信を強めた割に、金融政策の正常化には慎重な姿勢が見られました。現在の政策は、マイナス金利など依然として景気刺激的な内容のため、結果として堅調な景気が当分続き、ユーロを下支える方向に働くのではないかと思われます。

201801264

◇ZEW指数:ドイツの調査機関ZEW(欧州経済研究センター)がアナリスト、機関投資家、市場関係者に対するアンケート調査を基に算出

☆センティックス経済信頼感指数(本文では「指数」に省略):ドイツの調査会社センティックス社が個人投資家、機関投資家に対するアンケート調査を基に算出

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会