英国の金融政策~追加利上げの可能性とポンド相場の展望

2017/12/15
  1. 政策金利は0.5%で据え置かれました。インフレ率上振れは中期的に目標へ収れんすると見込まれます。
  2. ポンド・ドル相場が前年比でポンド高に転じ、今後、インフレ率低下に寄与すると思われます。
  3. EU離脱による対英投資減退が英国経済の足かせになり、ポンド相場にも影を落とすと思われます

インフレ率はピーク圏

イングランド銀行(英中銀、以下、BOE)は、13-14日にMPC(金融政策委員会)を開きました。政策金利0.5%と、APP(資産購入プログラム)は据え置かれました。

11月CPI(消費者物価指数)は前年同月比+3.1%と、10月からさらに0.1ポイント加速し、追加利上げに対する思惑も一部見られました。しかし、BOEはBrexit(EU離脱)決定後のポンド安による物価押し上げ効果はほぼ一巡し、中期的にはインフレ目標(+2%)へ落ち着いていくとしています。ポンド・ドル相場の動きを前年同月比で見ると、9月以降はポンド高・ドル安となっており、程なくインフレ率を押し下げる方向に働くことが示唆されます。また、賃金は、中長期的に見ると前年比+2~3%で安定的に推移しており、インフレ率への影響は限定的です。BOEは、18年も利上げを展望していますが、実際に可能性は高くないと思われます。

201712155

緊急事態を脱したその後は…

ポンド相場は、Brexitショックで急落しましたが、景気に対しては刺激効果となり、結果としてポンドの持ち直しにつながりました。対ドルではショックで急落した直後の水準(1ポンド1.3ドル台)を取り戻し、対円ではショック直前の水準をうかがう動きとなっています。

EUとの離脱交渉は、その第一歩ともいえる清算金などの交渉が基本合意し、来年から通商関係など新たな段階に入る見込みです。EU離脱後の英国経済については、基本的には対英投資の減退によって、英国経済の成長性がそがれる公算が大きいと思われます。それが、結果的にはポンド相場にも影を落としそうです。ただし、前述のとおり、ポンドが下落すれば英国の景気を刺激することは変わりなく、一方的に下落していく展開は想定しにくいと思われます。

201712156

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up