インドの金融政策、インフレ予想やや上向きで様子見

2017/12/07
  1. インド準備銀行は(以下、RBI)は、政策金利を6.0%で据え置きました。2会合連続の据え置きです。
  2. 追加緩和期待もありましたが、景気が底打ちし、インフレ率も戻り歩調で、その必要性が後退しました。
  3. 景気底打ち気運が好感され、ルピーは比較的安定、株価は高値圏で底堅い推移が期待されます

インフレ見通しを小幅上方修正

6日、RBIの金融政策委員会(MPC)は、政策金利であるレポレートを6.0%に据え置くことを発表しました。

インド経済は、昨年11月の高額紙幣廃止や、今年7月導入の財・サービス税(GST、初の全国統一的な間接税体系)といった改革に伴う一時的な混乱から景気が減速し、8月は利下げを実施しました。しかし、これらの影響は収束しつつあり、逆に効果が出始めています。7-9月期は実質GDP成長率(前年同期比)が6期ぶりに加速に転じ、景気底打ち感が強まりました。また、CPIは、6月に前年同月比+1.46%まで鈍化した後、10月には+3.58%まで戻り、内需の底堅さが確認されました。

市場では、まだ追加緩和期待が残っていましたが、RBIはCPIの見通しを引き上げました。18年1~3月期のCPI前年比の予想レンジを、10月時点の4.2~4.6%から4.3~4.7%とし、景気底打ちによる、インフレ動向に注意を払う姿勢を見せました。

201712073

市場は経済実態の良さが素直に反映される展開か

 

追加緩和が回避され、景気の底堅さが確認されたこともあり、通貨ルピーは底堅い動きです。代表的株価指数のSENSEX指数は、足元は先進国株の動きに影響されて波乱含みですが、良好な企業業績見通しは変わっていません。

現時点のRBIの景気・物価見通しからすると、当面、大きな政策変更は予想しにくく、ルピーは対円、対ドル双方で比較的落ち着いた動きになると思われます。また、株価は景気の底堅さが好感され、下値余地は大きくないと期待されます。

201712074

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up