南アフリカの17年7-9月期GDP~ランド相場への影響は?

2017/12/06
  1. 177-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.0%、内需主導でプラス成長が維持されました。
  2. 業種では農業の復調が著しく、そのほか、鉱業、製造業、金融保険業と、主要産業が好調でした。
  3. 政局不安などから不安定だった通貨ランドですが、景気回復が下支えし、足元では安定しつつあります

主要産業中心にプラス成長支える

5日、南アフリカ統計局が発表した17年7-9月期の実質GDP成長率は、前期比年率+2.0%、前年同期比+0.8%でした。4-6月期に景気後退から脱し、個人消費、固定資本投資など、内需主導の成長を示しました。業種別では鉱業、製造業、金融保険業など、南アフリカの中心的な産業の回復が目立ちました。

南アフリカ準備銀行(SARB)は、17-19年の実質GDP成長率を、それぞれ+0.7%、+1.2%、+1.5%と、緩やかな加速を予想しています。南アフリカは、電力供給など産業インフラの整備が十分とは言えないほか、構造的に大量の失業を抱えるなど、新興国並みの成長(平均で+4%台)を達成するには思い切った改革が必要と思われます。それでも、ひとまず成長軌道に乗ったことは評価できる点です。

201712064

政情安定が本格的なランド回復の条件

南アフリカの政策金利は、景気底打ち直後の17年7月に7.0%から6.75%に引き下げられました。景気後退によるCPI鈍化が背景にあったと見られます。足元も緩和スタンスが維持されており、本来ならば先行き景気回復期待から、ランドは上昇してもおかしくない局面です。

ランド回復の要件として政情安定が挙げられます。ズマ大統領が汚職疑惑で求心力が低下していることは、ランドにとってマイナスです。与党ANC(アフリカ民族会議)の総裁選を16日に控え、ズマ氏は敗色濃厚です。総裁交代となれば人心が一新され、ランドが見直される局面もあると思われます。

201712065

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up