英中銀、「Brexit利下げ」を解消~ポンド相場の展望

2017/11/06
  1. 1-2日のMPCでは政策金利が0.5%へ引き上げられました。インフレ率上昇を映した措置です。
  2. 先行きは緩やかな利上げが見込まれていますが、EU離脱の経済への影響に左右されそうです。
  3. 材料出尽くしでポンドは直後下落しましたが、金利上昇期待が維持され、下げ余地は小さそうです

「インフレ目標重視」の姿勢

イングランド銀行(英中銀、以下、BOE)は、1-2日にMPC(金融政策委員会)を開きました。政策金利を0.25%から0.5%へ引き上げ、APP(資産購入プログラム)は据え置きました。9月CPIが前年同月比+3.0%と、目標(+2%)から上振れしたことを映した措置です。Brexit(EU〔欧州連合〕離脱)決定後の利下げ(16年8月4日:0.5%→0.25%)は1年3カ月で解消されました。

同日発表された、四半期インフレ・レポートでは、政策金利は18年に1回程度利上げの見通しを示し、18年末は8月発表の前回レポートよりも0.2%上方修正されました。一方、CPIは、年明け以降は前回レポートを下回り、金融政策がインフレ目標重視で運営される影響と見られます。なお、実質GDP成長率については、ほとんど変化ありませんでした。

※APP:国債4350億ポンド、社債100億ポンドの保有残高を維持する

201711061

目先要警戒も、下げ余地小さい?

BOEは、当然のことながら、EU離脱交渉の行方には深い関心を示しており、インフレ目標重視を前提としつつも、今後、状況に応じて柔軟な政策対応をする可能性は十分にあります。

英ポンド相場は、利上げ直後の材料出尽くし感と、追加利上げは当分先との見方もあり、下落方向に反応しました。目先は市場の警戒感から、ポンド安を引きずる神経質な動きがあり得ます。しかし、先行きの政策金利の水準が、以前よりは上方修正されているのは事実であり、金利面で見た妙味が向上したのに加え、緩やかな景気拡大が維持されるとの見通しから、今後数カ月間で見れば下げ余地は小さいと思われます。

201711062

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up