ブラジル、9会合連続の利下げ~レアル相場の方向性は?

2017/10/26
  1. ブラジル中央銀行(以下、中銀)が政策金利を、全会一致で0.75%引き下げ、7.5%としました。
  2. インフレ底打ち感や景気加速を受け、4回連続の1.0%の大幅利下げから緩和ペースが減速しました。
  3. 金融緩和が追い風となり景気回復は加速するとみられ、通貨レアルは底堅く推移すると思われます。

利下げ幅縮小

24-25日Copomが開かれ、政策金利のSELIC金利が8.25%から7.5%へと9会合連続、全会一致で引き下げられました。インフレ底打ち感や、景気加速を受け、前会合までの4回連続1.0%の大幅利下げから、利下げ幅は縮小しました。

9月のCPIは、前年同月比+2.54%と、前月(同+2.46%)からやや加速しました。食料(同-2.14%)は減速しましたが、ハリケーン襲来による原油価格上昇を理由に、国営ペトロブラスが石油製品を値上げし、交通が上昇(同+3.99%)したことなどが要因となり、インフレ底打ち感が出始めています。中銀は声明で、インフレ率の目標+4.5%への収束と、金融緩和プロセスは両立するとしています。また、金融緩和ペースの減速は示唆したものの、利下げ打ち止めの時期や水準の明言は避け、今後は構造改革の進捗次第だと示しています。

ところで政局については、テメル大統領の収賄容疑に対する2回目の起訴が下院で否決され、18年12月まで政権維持の道筋が開かれました。ただ、否決に必要な全議員数の1/3をわずかに上回った結果は、大統領の求心力低下を露呈、構造改革の柱である年金改革法案で、大統領が譲歩する可能性が高まり、財政再建が頓挫する懸念も高まっています。また、18年10月の大統領選に、汚職容疑で起訴されているルラ元大統領が出馬を表明、約35%という高い支持率を得て、2位以降に大差をつけており、大衆迎合的な候補者の躍進に、市場の警戒感が高まっています。

※Copom(Comitê de Política Monetária):金融政策委員会 ◇SELIC(Sistema Especial de Liquidação e Custódia):決済・預託特別システム

 

10.26

レアルは金融緩和が追い風に

本会議での大統領起訴の審議が終了したことで、年金改革法案の審議が再び本格化すると市場では期待感が高まり、レアルは持ち直しています。

一方、米金利先高観から、対ドルでレアルは高値圏でのもみ合いが続いていますが、金融緩和が追い風となり、景気回復が加速し、レアルは底堅く推移すると見込まれます。

 

10.26.2

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up