9月のISM景気指数が堅調~金融政策正常化へ追い風か

2017/10/05
  1. PMINMI共に上昇しました。構成指標の動きから、製品・サービスの生産活発化が示唆されます。
  2. 2%程度と見られていた米国経済の経済成長ですが、足元、上振れする可能性が高まっています。
  3. 金融政策正常化に対する市場の信頼感が高まり、先行き米金利上昇、ドル高が示唆されます。

需要強く企業の生産活動活発化へ

ISM(全米供給管理協会)は、2日に9月PMI、4日に9月NMIを発表しました。PMIは前月比+2.0ポイントの60.8、NMIは同+4.5ポイントの59.8でした。PMIが60以上となったのは11年2月以来6年7カ月ぶり、NMIは05年8月の61.3以来、約12年ぶりの高水準となりました。ハリケーンの影響で8月は鉱工業生産が減少しましたが、ISM景気指数を見る限り一時的なようです。

PMI、NMIの構成指標では、双方で納品指数が大きく上昇しました。納品が遅いほど水準が高く、製品やサービスの需給がひっ迫していることを表わし、生産が上向きやすい環境にあることを示します。PMI、NMI双方での新規受注指数の大幅上昇と、PMI在庫指数の低下も、生産活動の先行き活発化を示唆する動きです。雇用指数はPMI、NMI共に小幅な上昇でした。ハリケーンの影響で、失業保険申請者数が一時的ながら増加しており、9月の雇用者数の増加幅は縮小するとの見方が優勢です。

201710051   201710052

金融政策正常化への信頼感高まる

ISMが分析しているPMI、NMIと実質GDP成長率との関係に基づき、足元の成長ペースを試算すると、年率+3.2%でした。一方、アトランタ連銀発表のGDP Nowは、10月2日時点で+2.7%です。

これは、7-9月期の実質GDP成長率が4-6月期(前期比年率+3.1%)並みの+3%前後になることを示唆しています。着実な経済成長が見込まれることで、金融政策の正常化に対する市場の信頼感が高まり、米金利上昇やドル高が促されやすくなると思われます。

201710053

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会