6月のISM景気指数と足元の米国景気ついて

2017/07/07
  1. PMINMI共に上昇し高水準を維持しました。企業活動は依然活発で米国景気の拡大を支えます。
  2. NMIで雇用指数の低下が気になりますが、特段、雇用増加ペースが下押しされる状況とは言えません。
  3. 4-6月期が加速する方向は変わらず、17年前半は年率+2%程度の成長ペースが確保されそうです。

高水準維持、雇用環境も大きな下ブレ想定しにくい

ISM(全米供給管理協会)は3日、6月のPMIを発表しました。前月比+2.9ポイントの57.8と今年最高でした。また、6日は6月のNMIを発表、同+0.5ポイントの57.4でした。いずれも50台後半で、景気拡大期の中でも高い水準で推移しています。企業活動は依然活発であり、米国景気の緩やかな拡大を支えています。

構成指数を見ると、製造業は在庫指数以外はすべて上昇、特に生産指数と新規受注指数が好調で、在庫抑制と需要の強さが並存し、鉱工業生産押し上げを示唆する流れです。NMIは、雇用指数以外はすべて上昇しました。非製造業は雇用者数全体の90%以上を占めることから、NMIの雇用指数低下は、雇用者数の増加ペースの鈍化を懸念させます。しかし、55.8と水準は十分に高く、雇用者数(非農業)はおおむね月平均10~20万人の増加ペースが続くと思われます。

201707071   201707072

4-6月期は年率+3%程度?

4-6月期の実質GDP成長率は、ISMが発表しているPMI、NMIとの相関関係と、製造業、非製造業のGDPに対するウエイトから、年率+3.3%と試算されました。

一方、アトランタ連銀が発表するGDP Now(各経済指標から経済成長率〔前期比年率〕を試算)は、7月6日時点で+2.7%です。上記試算値と単純平均すると+3.0%、1-3月期から加速する方向にあるとの認識は、今のところ変わりないようです。アムンディでは、四半期別の上下をならすと、年率+2%程度の緩やかな成長率になると予想しています。

201707073

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up