「マクロン新党」過半数確保~フランス国民議会選挙

2017/06/19
  1. 18日のフランス国民議会選挙決選投票では、「マクロン新党」共和国前進が過半数を確保しました。
  2. 投票率が低く、選挙は盛り上がりに欠けていたようです。左右両派の政党の健闘が目立ちました。
  3. 政局安定、堅調なユーロ圏の景気は、改めてユーロ相場の支援材料となりそうです。

ほぼ順当な結果

18日、フランスでは国民議会選挙の決選投票が実施されました。フランスの議会選挙は、基本的には、第一回投票で過半数の票を得た候補者がいない場合、得票数上位2名で決選投票が行われる仕組みです。

午前9時(現地、午前2時)時点で、開票率97%、定数577のうち565議席が決まっています。マクロン大統領率いる新党、共和国前進は301議席を獲得し、過半数を確保しました。改めて、政局の安定化が確認された形です。投票率は、現時点で43.4%です。これは前回12年の選挙と比べると10ポイント以上低下しました。世論調査では共和国前進+民主運動で400議席に迫ると言われていただけに、有権者の投票意欲が若干そがれた分、獲得議席が少なくなったと見られます。

こうした中、健闘が目立ったのが左右両派の政党です。大統領選挙決選投票に進んだル・ペン氏率いる国民戦線は8議席で前回比4倍、ル・ペン氏自身も初の当選を果たしました。大統領選挙第一回投票で第4位となったメランション氏率いる「屈しないフランス」は、前身の左翼党の前回1議席に対して17議席と大躍進でした。支持が明確な票を確実に獲得したと見られます。

201706191

改めてユーロの底堅さに力

マクロン大統領誕生で、欧州の政治リスクが大きく後退し、ユーロは底上げされました。国民議会選挙を経て、政府、議会双方で政局が安定することは、市場にさらに安心感を与え、ユーロの底堅さを促すと見られます。また、ユーロ圏は景気も堅調で、来年には金融緩和縮小との観測も今後強まり、ユーロにとって支援材料となりそうです。

201706192

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up