トルコ経済の現状と今後の為替相場について~17年1-3月期GDP

2017/06/13
  1. 実質GDP成長率は前年同期比+5.0%、政府の景気対策や輸出の回復が全体を押し上げました。
  2. 内政安定、欧州景気が好調、外国観光客底打ちなど、トルコ経済は内外から回復力を得ています。
  3. 安定成長、インフレ率頭打ちで利上げは一巡しつつあり、通貨リラは上昇余地が出てきたと見られます。

経済関係の深い地域との経済交流が活発化

12日、トルコ統計局が発表した17年1-3月期の実質GDP成長率は前年同期比+5.0%でした。内政混乱で落ち込んだ16年7-9月期から急速に景気が回復しています。

景気の急回復を支えているのが個人消費、政府消費、輸出です。政府は、16年7月のクーデター未遂事件以来、通貨防衛と景気刺激を目的に政府支出を拡大させ、消費が活発化しました。また、輸出が前年同期比+10.6%と大幅に増加しました。欧州の景気回復が順調で、輸出が拡大しやすい環境になっています。また、ロシアとの関係改善で外国人観光客が戻り始め、4月は前年同月比+18.1%と1年9カ月ぶりにプラスに転じました。最盛期に比べると、まだ月当たり100万人程度少ないペースですが、今後の回復が期待されます。

201706131

投資資金回帰の流れ

トルコ経済が改善に向かっているのを受け、リラは対ドルで上昇、足元は1ドル3.5リラ台前半で昨年末近辺の水準となっています。一方、対円は、ドル安・円高の影響で足元は31.2円と、昨年末の33.2円から小幅な円高となっています。こうした中、株式市場ではイスタンブール100指数が年初来で20%以上上昇し、政治リスクで逃避していた投資資金が戻りつつあります。

CPI(消費者物価指数)は5月で前年同月比+11.7%と高騰していますが、エネルギー価格安定やリラの底打ちによって、今後低下してくる可能性があります。インフレ率抑制を目的に、トルコ中央銀行が市場金利を大幅に高め誘導しています(12%台、政策金利は8%)が、年後半は金利低下期待が強まると思われます。債券投資などの形で投資資金の流入が促され、リラは上昇余地が出てきたと思われます。

201706132

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up