英国総選挙は「ハング・パーラメント」確定

2017/06/09
  1. 与党・保守党が議席を減らし、全ての政党が過半数を取れない「ハング・パーラメント」が確定しました。
  2. BrexitEU離脱)は変わらないものの、「ハード」から「ソフト」へと路線が変わる可能性があります。
  3. 政権弱体化は英ポンドにはマイナスですが、ソフト路線への転換はプラスであり下支えとなりそうです。

政権運営厳しさ増す

英国総選挙が8日実施されました。4月18日にメイ首相が解散総選挙を表明してからしばらくは、与党・保守党の圧勝が予想されていたものの、5月18日に発表のマニフェスト(政権公約)に掲げた高齢者福祉改革に対する国民の批判が高まり、野党・労働党との支持率が急接近し、過半数獲得が危うくなりました。

日本時間14時45分現在、定数650のうち643議席が決まり、与党・保守党の獲得議席数は313と最多です。しかし過半数(326)には届かず、「ハング・パーラメント(宙ぶらりんの議会)」が確定しました。この場合、保守党は他党と連立政権を組むか、少数与党の政権ということになり、政権運営は難しくなります。メイ首相の下、EU(欧州連合)から完全離脱するハードBrexit路線が模索されていましたが、ここにきてソフトBrexit(貿易、人的交流、財政貢献など、EUとの協調部分を残した形で離脱)へと路線が変わる可能性が急速に浮上してきました。

201706093

差引で英ポンドにはプラスか?

英ポンド相場は、解散総選挙が決まった当初は、政権基盤強化への期待で上昇していました。しかし、労働党との支持率が接近するに従い、対ドルはでもみ合い、対円はドル安・円高の影響もあって、ここまで下落してきました。

元々、Brexitは英国経済を弱体化させるとして、英ポンドは大きく売られ、ハード路線も懸念材料としてさらに売り込まれてきました。したがって、今後ソフト路線へ転換していくならば、その分、英ポンドにはプラスに作用してもおかしくありません。政権が弱体化することは、政策運営の不透明性が高まる観点から、中長期的に英ポンドにはマイナスと思われます。ただし、本日早朝の「保守党の過半数獲得厳しい」の報で英ポンドが大きく売り込まれ、政治要因の織り込みはひとまず一巡し、今後はソフト路線転換への期待が下支え要因となり、戻り余地が出てくるのではないかと期待されます。

201706094

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up