5月のISM景気指数と足元の景気について(米国)

2017/06/06
  1. PMI上昇、NMI低下ですが、いずれも小幅で高水準が維持され、企業活動の活発さが示されました。
  2. 構成指標は、一部が大きく上昇、低下しましたが、上下に振れたものがさや寄せしただけです。
  3. ISM景気指数からは年率+3%台の成長が示唆されており、通年で+2%以上の成長も十分可能です。

景気拡大期における平均水準を依然上回る

ISM(全米供給管理協会)は、1日にPMIを、5日にNMIの5月分を発表しました。PMIは前月比+0.1ポイントの54.9、NMIは同-0.6ポイントの56.9でした。動きはいずれも小幅で、90年代以降の景気拡大期における平均値(PMI:53.0、NMI:55.2)を、依然として上回っています。企業活動の活発さが改めて示された形です。

構成指数の動きを見ると、PMIは各指数でまちまちの動き、NMIは新規受注指数の低下と雇用指数の上昇が目立ちました。NMIの新規受注指数は、今回の景気拡大期(09年7月~)で最高となった前回4月(63.2)からの反落でした。また、NMIの雇用指数は、低めの水準であった3、4月(それぞれ51.6、51.4)からの急反発で、15年10月以来1年7カ月ぶりの高水準(57.8)でした。どちらも、上下に振れた状態が、NMIにさや寄せしただけであり、傾向的な悪化、改善を示すものではないと見られます。

201706061   201706062

通年+2%以上の成長は十分可能な状態

ところで、アトランタ連銀が発表しているGDPNow(各経済指標から経済成長率〔前期比年率〕を試算)は、6月2日時点で+3.4%となっています。

これに対して、ISMによると、今回のPMIは年率+3.7%、NMIは同+3.1%の成長ペースであり、企業活動は米国景気の拡大継続に十分貢献しており、経済全般の流れとも整合していることが分かります。1-3月期は低成長となりましたが、4-6月期が年率+3%程度の成長となれば、通年で+2%以上の成長は十分可能であると考えられます。

201706063

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up