FOMC~6月利上げ、ほぼ織り込みへ

2017/05/08
  1. FF金利誘導水準は0.75-1.0%で据え置かれました。景気判断は前回会合より若干前進しました。
  2. 次回6月の会合で0.25%利上げが実施されることが、市場ではほぼ完全に織り込まれました。
  3. 市場コンセンサスは依然年3回利上げです。年4回の利上げの可否は賃金の伸び次第でしょう。

設備投資、インフレを実態に即し判断前進

5月2-3日、FOMC(米連邦公開市場委員会)が開かれ、政策金利であるFF金利の誘導水準(0.75-1.0%)、および資産購入方針をいずれも据え置きました。

委員会終了後に発表された声明文では、足元の景気に対する認識が若干前進しました。すなわち、設備投資については、前回会合(3月14-15日)での「幾分、堅調さが見られ始めている」が、今回は「堅調である」に、インフレについては同じく、「目標に近付きつつある」が、「目標近くで推移している」と表現が変わりました。17年1-3月期の実質設備投資は前期比年率+9.4%と、13年10-12月期以来の高い伸び、一方、3月のPCE価格指数は2月と比べて鈍化し、前年同月比+1.8%でしたが、1-3月期平均では前年同期比+2.0%と目標に到達しています。

201705089

伸び切らない賃金に年3回のコンセンサス変わらず

FOMCの結果を受け、市場では次回会合(6月13-14日)で利上げされる確率が急上昇しました。FF金利先物価格から算出した、次回会合で0.25%、FF金利誘導水準が引き上げられる確率は、5月5日時点で98.8%と、利上げをほぼ完全に織り込んだ形です。よほど弱い経済指標が出ない限り、利上げが実施される公算大です。

その後については、9月、12月のいずれかで1.25-1.5%となる確率が87.6%と高い一方、9、12月連続で0.25%引き上げられ、1.5-1.75%で年末を迎える確率は11.4%と小さく、まだ市場のコンセンサスは年3回の利上げです。連続利上げ(年4回)の可否は賃金の伸び次第と思われます。具体的には、民間企業の時間当たり賃金が、早期に前年同月比+3%を超えてくること(4月は同+2.5%)が条件になると思われます。

20170508a

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up