フランス大統領はマクロン氏~市場の目は景気へ

2017/05/08
  1. 7日のフランス大統領決選投票では、マクロン氏の第25代大統領選出が確実となりました。
  2. 61118日予定の国民議会選挙ではマクロン氏率いる前進!の第一党獲得が濃厚となっています。
  3. EU中心国の政治リスクが払拭され、市場は安心感を高め、堅調な景気に目が移ると見られます。

世論調査よりも差が若干拡大

7日、フランス大統領選挙の決選投票が行われました。内務省の集計では現地時間午後11時(日本時間8日午前6時)時点で開票率93%、マクロン氏が65.0%、ル・ペン氏が35.0%となっています。第25代大統領はマクロン氏選出が確実となりました。直前の世論調査ではそれぞれ63%、37%となっていたため、開票結果ではやや差が開いた形です。

6月11、18日には国民議会選挙が控えています。現時点で世論調査は多く出ていませんが、調査会社オピニオンウェイによると、マクロン氏率いる政治運動「前進!」が249~286議席獲得するとの結果が出ており(定数577)、第一党を獲得するとの見方が優勢です。過半数に至らなくても、旧来の二大政党(共和党、社会党)のどちらかと連立を組むと見込まれ、政情は安定化に向かうと思われます。

201705081

投資マインドは改善へ

EU(欧州連合)の中心国であるフランスにおける政治リスクが大きく後退したことから、為替市場ではユーロが買われ、8日朝には16年11月以来の1ユーロ1.1ドルを一時回復しました。ユーロ・円相場も同じくユーロ高が進み、16年5月以来の124円台を一時回復しました。

欧州における、最大ともいえる政治リスクが一つ払拭されたことで、市場は改めて景気や企業業績など、ファンダメンタルズに目が向かうと思われます。5月3日に発表されたユーロ圏の17年1-3月期GDP統計(速報)では、実質GDP成長率が前期比年率+1.8%と、安定した成長が続いていることが示されました。雇用環境の改善が着実に進んでいるほか、世界的な景気持ち直しを背景に輸出も堅調であり、ユーロ圏の景気は概して好調です。今後は、政治リスクを警戒していた投資マインドが改善する公算が大きく、為替市場だけではなく、株式、ハイイールド債も選好されることが期待されます。

201705082

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up