メキシコ経済の現状とペソの展望

2017/05/01
  1. 1-3月期の実質GDP成長率は前期比+0.6%となり、前期より減速しましたが、予想を上回りました。
  2. NAFTA脱退懸念など米通商政策の先行き不透明感が高まりましたが、景気は底堅く推移しました。
  3. 通貨ペソは神経質な展開が予想されますが、高金利や堅調な経済成長が下支えとなりそうです。

予想より好調

4月28日、INEGI(メキシコ国立統計地理情報院)が発表した1-3月期の実質GDP成長率(速報)は、前期比+0.6%、前年同期比+2.7%となり、米国との通商関係やインフレ加速懸念にもかかわらず、市場予想を上回る推移となりました。

累積的なペソ安や、ガソリン価格引き上げなどを背景に、3月CPIが前年同月比+5.35%、09年7月以来、約7年半ぶりの高水準となるなどインフレ加速が懸念されます。しかし、業種別の実質GDPは農業とサービス業が、それぞれ前年同期比+6.9%、+3.7%とけん引し、好調な内需が確認されました。メキシコ経済は今後も穏やかながらも、堅調に推移すると思われます。

一方、トランプ米大統領がNAFTA(北米自由貿易協定)離脱の大統領令の起草検討との報道を受け、ペソは約2%弱急落しました。しかし、26日、トランプ米大統領は、メキシコのペニャニエト大統領、カナダのトルドー首相との電話会談で、現時点でのNAFTA離脱を否定したことから、ペソは持ち直しています。また、メキシコ国境での壁建設の予算計上を先送りするなど、対米通商の懸念がやや後退しつつあることも、メキシコ経済の追い風となりそうです。

 

5.1.1

堅調に推移

ペソは、トランプ米大統領就任式前につけた、1ドル22ペソを超える最安値から、約14%上昇していますが、今後もトランプ米大統領の発言等で、神経質な展開を余儀なくされることが予想されます。

一方、インフレ抑制のため、中銀は金融引き締め勢(累計8回、利上げ幅は3.5%)を堅持しており、相対的に高い金利や堅調な経済成長を背景に、今後もペソは堅調に推移すると思われます。

 

5.1.2

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up