英ポンド市場の現状と今後の見通し

2017/04/12
  1. 昨年6月のBrexit選択で英ポンドは大きく下落、その後は対ドルで低迷が続いています。
  2. 対英投資手控えで今後は景気が減速するものの、景気拡大方向は維持されると見込まれます。
  3. ハードBrexitを含め、ポンドにとってのマイナス要因はかなり織り込まれ、今後底堅いと予想されます。

Brexitも底堅い景気続く

16年6月、英国がBrexit(EU〔欧州連合〕からの離脱)を選択して以来、英国経済が沈滞するという不安感が拭えず、英ポンド相場が低迷しています。

しかし、足元の英国経済は堅調です。16年半ば以降、Brexit に対する不安感でポンドが下落したことで、景気刺激効果がもたらされたためです。この結果、CPIが、原油価格の回復もあいまって上昇を速め、17年に入って前年同月比+2%超えてきました。インフレ率上昇を受けて追加金融緩和の圧力が後退し、ポンドが下支えされています。アムンディでは、ポンド安効果の一巡や、Brexitを見据えた対英投資手控えの影響で今後は景気が減速し、CPIも18年にはピークアウトすると見込んでいます。ただし、景気減速はユーロ圏に対しても予想していますので、大局的には「緩やかな景気拡大が続く」という認識が適当かと思われます。

201704121

対円で相対的な上昇余地

ポンド相場は、16年6月のBrexit 選択で大幅に下落し、さらに11月にはハード Brexit(EU市場からの完全な離脱)の可能性が高まったとの見方からもう一段下落しました。対ドル相場はBrexit直前から約16%下落しました(1ポンド1.48ドル→1.24ドル)。

ただし、Brexitに伴う英国にとってのマイナス要因は、ここまででかなり織り込まれたと考えられ、対ドルの下落余地は縮小していると思われます。また、対円相場は、対ドル相場と同じく下落していますが、米大統領選挙後のドル高・円安進行を受け、上記期間での下落率は対ドルほどではありません(約13%、1ポンド157円→136円)。米国では年内複数回利上げされ、ドル高・円安が緩やかに進むことから、対円相場はやや円安方向に推移すると予想されます。

201704122

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up