2月の雇用・物価情勢(日本)

2017/03/31
  1. 失業率は前月比-0.2ポイントの2.8%、約22年ぶりの2%台となりました。労働需給も堅調です。
  2. CPI(日銀版コア)は前年同月比+0.1%でした。プラス圏を維持しましたが、ゼロ近傍が続きます。
  3. 円安効果の浸透、労働需給ひっ迫による賃金増加からインフレ率上昇の方向は不変と思われます。

インフレ圧力高まる水準に近づく

本日、総務省が発表した2月の失業率は前月比-0.2ポイントの2.8%でした。94年12月以来、約22年ぶりに3%を割り込みました。日本では、2%台後半より失業率が低下するとインフレ圧力が高まると言われており、今後、インフレ率を押し上げる可能性がより高まったと見られます。

また、厚生労働省が発表した2月の求人倍率は、新規が前月比-0.01の2.12倍、有効が同横ばいの1.43倍でした。求人の増加が一服していることが背景にありますが、労働需給がひっ迫状態にあることは変わりありません。求人倍率は失業率に対して1~2四半期先行する傾向がありますが、現在の求人倍率の推移から、夏場にかけて失業率が2%台後半を続けることが示唆されます。今後のインフレ率上昇に寄与することが期待されます。

201703321

徐々にプラス幅拡大へ

本日、総務省が発表した2月のCPIによると、方向性を見るに適する日銀版コア(生鮮食品・エネルギー除く総合)は前年同月比+0.1%と前月比やや鈍化し、ゼロ近傍が続きました。鈍化した要因は宿泊費、携帯料金及び機体です。ホテルの稼働率低下や、通信業者の値下げが影響したと見られます。

上記のような雇用環境の改善が賃金増加ペースを以前よりも高めると期待されること、円安効果の浸透などから、今後、インフレ率は緩やかに上昇していく方向が見込まれます。日銀が目標としている+2%にはまだ届かないものの、年内にも+0.5%前後へ上昇するのでないかと思われます。

201703322

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up